京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

振袖:葵の仕上がり

工房展示用に制作していた葵の振袖、可成り遅れていたものの何とか仕上がりました。

これ迄の制作工程は過去のブログで紹介しています。

10月3日 http://blog.some-u.com/?day=20171003

10月26日 http://blog.some-u.com/?day=20171026

 

こちらの工程の後、摺疋田に取り掛かりました。

三枚型の内の一枚を使っています。

伊勢へ別注した型紙で摺り込み刷毛をつかって。

型紙をめくって色の降り具合を確認しながら。

青いフィルムは極細のナイフでカットして。

型紙の上に置いているのはしっかり重目の手製の文鎮。

三枚摺り終わると。

 

この後、柄の縁の白目を塗り潰す「目消し」

極細の「面相」という筆を使います。

可成りの手間が掛かりますが、これが入ると質感がグッと上がります。

手前には既に目消しの終わった部分も。

目消しが終わると彩色工程が全て終了。

蒸しや水元(川で水洗い)や湯伸し、柔軟加工を経て染め上がりになります。

 

以前は数えきれない程振袖を染めましたが、箔を入れる事は殆どありませんでした。

しかし、お客様の注文で入れ始めるとこれが病み付き、なかなか良いもんです。

入れた袖部分。

小さめの「ちぎり箔」で金と銀を使っています。

 

仮絵羽(仮縫い)した出来上がりです。

ブルーの裾に地色は紫紺。

この地色は初めて染めたもの。

使用生地は濱縮緬、南久さんの「雲影」で色の深みが秀逸なのが特徴です。

工房にお越し頂ければ、現在展示しています。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

13参り着物、手鞠柄の着姿

京都の嵐山にある虚空蔵法輪寺へ成人の仲間入りを祝って、数え歳13になった時お参りするのが「十三参り」の始まりだと言われています。

七五三程全国的に広まった訳ではありませんが、徐々にお詣りする地方が増えてきているそうです。

 

今回ご紹介するお嬢様は日本舞踊の発表会で使いたいとの事で、工房の13参りの着物をご注文頂きました。

その練習の際の着姿がこちら。

喜んで頂いたのはぼかした写真のお顔でも分かります。

図柄は大小の手鞠に小さな兎が戯れている場面を。

 

磨き抜かれた床が立派な道場らしさを物語っています。

後姿がこちら。

 

そしてこのお正月に着用された着姿がこちら。

おばあさまの着付だそうです。

まあなんと可愛い事!!

工房の皆で大騒ぎでした。

 

表で撮影された写真がこちら。

成長の真最中の着物なので、お身体が大きくなっても融通が効く様に揚げや柄付けを考慮しています。

 

お客様からブログ掲載の許可を頂きました。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

二色のショール:お年玉セール

工房では1月31日まで、二色で染めるショールを特別価格でご注文頂けます。

 

お好みの色に染めた二枚の着物生地を使用。

ほぼ7:3程度に縫い合わせています。

勿論、裏生地もいっしょで正絹。

房の糸は表の二色に合わせて混合。

 

工房の人形が着用すると。

逆になると。

 

希望される色は広い方と狭い方の二色。

和色大辞典」からお選び頂きます。

 

巾は約56cm、長さは房を除いて約158cm。

ショールは広過ぎても狭過ぎても長過ぎても短過ぎても使い難いものです。

着物でもそれ以外でも最適ではないかという大きさを選びました。

 

使用生地二枚はお任せも可能ですが、生地写真をお送りして選んで頂く事も可能です。

その場合はスマホは写真が届き難いので、パソコンのメルアドをお知らせ願います。

二枚の生地の地紋や種類を変えると変化が出ます。

ラメ入りの生地もご用意。

裏は上の写真にあるどんな色にも良く似合う金茶になります。
 

価格は特別価格の1万5千円。

お問合せやご注文はホムペの「お問合せ」のページからお願い致します。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

一月の定休日のお知らせ

平成30年1月の定休日をお知らせ致します。

 

 

よろしくお願い申し上げます。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

お正月は仏手柑

工房は今日から営業です。

その工房を飾るのが仏手柑。

和歌山のお客様から続いて頂いています。

今年は枝振りが大きくて専用の紫の座布団に納まりきりません。

名前と共に縁起が良いので賽銭箱を置こうかなとも。

毎年傷む迄店頭に置いていましたが、昨年は傷む前にマーマレードにして頂きました。

柑橘系ながら少しの苦味が甘さを引き立ててくれる美味しいものになります。

季節の移ろい | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

正月三日は松尾大社に

お正月三日は自宅の産土の神様である「松尾大社」へお詣りに。

松尾山の山上にある巨岩が御神体とされ背景の山全体も神聖視されてきました。

お酒の神様としても知られています。

参道には露店が並んでいて結構買い物客も立ち寄っていました。

自宅を出るときから小雪が舞っています。

 

境内の入口となる「楼門」

 

入ると「拝殿」には大きな干支の絵馬が掲げられています。

 

奥の本殿前の参拝所にはこの時期だけの屋根も臨時に。

正月三日ですが驚く程の人はいないので助かります。

阪急の「松尾大社」駅から直ぐなので交通の便は良くパワースポットとしても知られています。

特にこちら「霊亀の滝」が霊山から降り注ぐ霊水として知る人ぞ知る場所に。

前回訪れた時、一瞬の突風にザッと降り注いだ落ち葉に驚かされました。

家内はパワーを頂いたと喜んだのですが、今回はこの滝をお詣りした途端に雪が止み晴間が広がりました。

良い事が起きそうです。

 

境内には薪がくべられる場所があって暖をとれます。

常に人だかり。

 

松尾大社は酒の神様、升酒も授与されています。

杉の木の香り高い升におつまみが付いて1,200円、追加は200円でした。

金箔入りで樽から頂いたお酒は香り抜群。

神社の霊気と相俟って美味しく頂きました。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

恒例のお稲荷さんへ

二日朝早めに恒例の伏見稲荷大社へお詣りに行きました。

夜が明けてまだ間が無いので暗めです。

表参道の鳥居前の石碑と狐、

稲穂をくわえ尻尾の先には宝珠が鎮座しています。

その大鳥居。

まだ早いので露店の大半が開店していません。

JRの稲荷駅からは沢山の参拝客が降りてきました。

 

豊臣秀吉が寄進した楼門の前にも狐。

鍵をくわえています。

楼門は重要文化財指定で両側に右大臣像と左大臣像が安置されています。

 

内拝殿も朝早めなので参拝客はまだ少なめ。

こちらの前にも狐。

稲穂をくわえています。

こちらの右にある外拝殿では巫女さんの舞が始まっていましたが、撮影禁止。

 

この後千本鳥居の入口に。

伏見稲荷の鳥居は実際は一万本になるそうです。

有名な方も結構居られるので寄進者名を見るのも楽しみの一つだとか。

有名な俳優さんの親元の茶屋がこの上にあります。

本人もその茶屋から通学したとか。

 

お守りを求める社務所でも二年程前から朝早くても並ぶ人が列を作る様になりました。

工房のお守りを拝受、お火焚きの串にも祈願を済ませています。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

新年大国様のワンちゃん行灯

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

工房の行灯も新春を寿ぐ大国様に。

今回は夜行灯から。

遊ワンの大国様。

素描で仕上げました。

 

こちらが昼行灯。

庶民には実感のない好景気だそうですが、小判がチャラリと届く良い年になります様に。

季節の移ろい | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

<< | 2/160PAGES | >>