京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 兎の帯と振袖つくります | main | 「たけうち」の後、倒産が >>

友禅の道具お見せしまひょか

友禅学第二談 おそまつどすけど、みておくりゃっしゃ
本日はお道具を見てもらいまひょか
使い込んでまっさかい、きたないのはしんぼうしてや

前にケーキを作る時にニュルニュルと絞り出すというたん
おぼえたはりますか
そのニュルニュルと絞り出すのがこれどす

左にあるのが「筒紙」。
和紙に柿渋を何度もぬりこんで補強してますねん
これにドローとした状態のゴムや餅米糊、金糊をいれます
右にある先金に、先端内側に内金を入れた筒紙を入れて使います
先金はシャーペンの先金に似てますけどかなり薄おます
さきんちょは針の穴程あいていて、ここから糊をしぼりだすんどす
この筒描き、一人前になるのに十年近くかかるそうな
本人次第どすけどなあ

次は彩色どす
まずは「片羽」 ぼかし彩色に使いますねん

刷毛の先が斜めになってまっしゃろ
まずは刷毛全体に軽く主体の染液をつけて、斜めのさきんちょに
ぼかし色の染液をチョイと付けて彩色
刷毛の中でもう既にぼけている、と言う訳ですねん
言うのは簡単どすな
 
次は筆どすけど、代表的な三つを紹介しまひょ

左が「彩色筆」。普通の友禅に使います
さっきのナナメの片羽が真っ直ぐになった「差しばけ」も
彩色につかいます
真ん中が「骨書筆」 主に青花で下絵を描く時に使いますねん
下絵筆とも言います
右が「面相筆」。細い線を描く時に使うんどす
これで名前の通り人形や人の顔を描きます
細い線を描く時に使うんどす

次は摺込刷毛

大きい場所やこすりつけて染め込む時に使います
染めムラが出にくくなりまっせ
型友禅でも摺疋田などはこの刷毛を使う事もありますねん

最後は引染め用の刷毛 これで地色を染めまっさ

左が引染め用どす 大きさは大小5,6種類くらいあります
右は本来「四つ手刷毛」といってぼかし専用の刷毛どすねん
よう見てくれはったら分かると思いますけど
刷毛の中程を、ひもでくくってありまっしゃろ
このひもを、ほどいたらぼかし刷毛になりますねん
ひもでくくったこの刷毛は、型友禅の摺の刷毛として使います

「遊」で使うてる主なもん、みてもろておおきに
染遊々 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

はじめまして 彩色筆や面相筆は、どこの筆を使うと
書きやすいですか?
何か ここのこの筆は書きやすいよ。と言うのはありますか?おしえてください。
楠根 | 2008/02/18 3:03 PM
今晩は、楠根さん。
はっきり申し上げると、安くていい筆はもう殆どありません。
京都には材料屋さんが沢山ありますが、着物の友禅に使われる筆の量が激減している関係で筆の職人さんも激減しています。
当工房では東堀川竹屋町角の「三村商店」で筆を買い求めていますが、店頭に置いていない筆を無理矢理出してもらう事もあります。
各材料店で直に積極的に「良いものを出せ!」と押し掛けるのが良いものを手に入れる最短コースだと思います。
工房の近くに在る「津久間和紙店」にも彩色に使える筆類が置いてありました。
彩色筆は腰の強さが命、腰の強さは価格と連動しますが種類が少ないのでこういったお店の「はしご」をお薦めします。
この後、具体的にいい銘柄が分かり次第、続きをお知らせします。
otyukun | 2008/02/19 8:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック