端麗な着姿を拝借しました

  • 2020.10.16 Friday
  • 06:31

お誂えで染めた作品はお客様の了解無しで公開していません。

今回は何度も着姿をご覧頂いているお客様から着姿写真を頂き、ご了解を得たのでご紹介します。

お顔はぼかしてあります。

 

先ずこちらは工房へ着物姿でお越し頂いた時に撮影したもの。

帯の幅はこれで普通よりかなり広めにされているのが分かりますか?

帯から下の長い事。

着姿が映えます。

地色は薄い水色、裾は紺碧で間に覗くのが白群を薄く綺麗にした瓶覗。

 

後姿がこちら。

袖は前後共ぼかして染めています。

身長がおありで、冷たい色が良くお似合いになるお客様です。

 

帯は光琳水に菖蒲、金糸目友禅です。

塩瀬を素材に生地白で。

光琳水は金箔で菖蒲の縁に金糸で刺繍も。

配色も図柄もお客様との合作品です。

 

こちらは茶道のお稽古後に撮影された着姿。

着物は位置付けに配置した七宝柄です。

主にお茶席の為に誂えられました。

白胡粉と金銀箔だけで仕上げています。

こちらのお客様では珍しいレモンイエローの地色に。

一般には上前の柄の高さはお若い方で1尺8寸なんですが、身丈の長いこちらのお客様の場合2尺1寸程度まで上がります。

帯から下が長くて惚れ惚れする着姿に。

 

後姿が。

 

帯は羽二重生地で黒地。

金銀箔で月を表しています。

金銀箔は艶消しにしながら切箔、砂子そして影をアクセントに手描きで加えています。

刺繍も金銀糸で。

 

工房のお客様からはこだわりを持った個性的なご注文が多くあります。

誂えだからこそできる醍醐味を味わってみては如何?

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM