お見舞申し上げます

  • 2020.07.18 Saturday
  • 06:42

昨日は本来、祇園祭の山鉾巡行の日、コロナで中止となって保存会の代表が御旅所まで行列し疫病退散を祈願しました。

 

コロナの第二波らしき感染拡大が続いています。

曇り時々小雨、時々豪雨の梅雨もまだ明けません。

 

衷心よりお見舞申し上げます。

疫病退散護符の「アマビエ」と蓮の傘で雨をしのぐ「遊にゃん」が皆様の安寧をお祈りいたします。

 

この時期、二十四節気では「小暑」となり梅雨明けの暑い季節を表します。

今年はまだ梅雨明けしていませんが。

「鷹乃学習」(たかすなわちがくしゅうす)とは二十四節気を細かに分けた七十二候、祇園祭の山鉾巡行の頃を指します。

春に生まれた鷹の幼鳥が、飛び方や獲物を捕らえる技を覚え、巣からの旅立ちを迎える頃。

 

二十四節気や七十二候は植物の成長や動物の行動、気象の変化などで、繊細な季節の移ろいを美しい言葉で表した農事暦です。

 

コロナウィルスはここへきて日本型に変異した様です。

いつ極悪に変容するかもしれません。

他人にうつさない様、最大限の配慮が必要。

頑張りましょう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM