コロナで寝覚めの虚ろい:嵐山

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 06:31

定休日の散歩に嵐山へ行ってきました。

阪急嵐山線も可成り空いています。

いつもは中の島からメインストリートの長辻通へ向うのですが、今回は法輪寺の前の旅館街から。

ゲストハウスや旅館も営業している所は少なめ、温泉も休み。

 

渡月橋の手前、西側から桂川(渡月橋から上流は大堰川)右岸を上流へ向いました。

遊覧の為の屋形船から渡月橋。

返り際、明日から雨模様という事で屋形船にはビニール囲いをしていました。

 

反対の上流。

右側の建物は京都吉兆、その左は小倉百人一首殿堂の時雨殿。

ボートは一艘だけ出ていましたがご覧の通り。

 

もう少し上流から向い側。

茅葺き屋根の建物は茶寮 八翠、眺めの良い嵐山ならではのお店の様です。

この付近で魚釣りや泳いだ事も。

こちらの上流は岩場になって流れも速く泳ぐと楽しいのですが、その分危険。

怖いものに興味が強かったのでしょう、今泳ぐ人は殆どいないと思います。

こちらは流れが緩やかになっ辺り。

屋形船が一艘出ています。

 

モンキーパークの入口になっているのがこの神社。

何度も通った事があるのに気が付きませんでした。

櫟谷(かちたに)宗像神社。

創建は奈良時代で平安時代に新しく出来た貨幣は必ず奉納されたとか。

「大井川 しぐるる秋の櫟谷(いちいだに)山や嵐の色をかすらむ」 藤原為家 

本殿。

新貨幣の奉納が続いた事からそちらにも霊験あらたかと参拝が絶えなかったそうです。

言わば現代の御金神社。

現在は松尾大社の摂社となっています。

 

この上流には星野リゾート経営の旅館「星のや」がありますが、その送迎用の船がこちら。

渡月橋のたもとから出ています。

いまは休業中なのかな。

立派なエンジン付です。

 

渡月橋を渡って向いに。

どうです、この人の少なさは。

橋を渡って商店街に。 

 

長辻通りの賑わい今いずこ。

開いている店もあるのですが、シャッターが降りている店もかなり。

人も閑散としています。

既に暑い中歩き疲れ、前回行った竹林の小径などは次回にして帰宅する事に。

再度通った渡月橋から。

他府県からの観光客は19日から解除の方向だとか。

この日も駐車場は一杯、既に他府県の車が三分の二くらいありました。

ゼロ行進が続いている地域なら問題無いと思います。

 

着物の出張で四国の或る県へ行った方が車に戻ると大きく凹んでいたそうです。

車で来るなとあれほど言ったのにと小売店の店主。

京都ではそれはなさそう。

しかし、東京の方はまだ外に出ると怖がられます。

まずゼロ行進の実績を挙げて欲しいものです。

日本の再生も東京のゼロ行進に掛かっているのだから。

東京の人、頑張れ!!

コメント
上方はだいぶ落ち着いてきたようですね。
関東はまだかかりそうです。
よい景色、ありがとうございます。目で楽しませていただきました。
  • 三月うさぎ
  • 2020/06/11 11:24 AM
三月うさぎ様、お早うございます。
西の方は福岡を除いてほぼ落ちついています。
神奈川もゼロの日が出たり、上向きになっていますが隣の東京に問題がありますね。
ほぼ、同じ圏内と言えるので出入りは激しく、運命共同体に。
東京以外から東京の人の出入りを控える様に申し出が無いのが不思議。
日本の中心なんだからもっとしっかりやらないといけません。
言葉でごまかしても中身が伴わないと。
早く収束して欲しいものです。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM