城主気分に:二条城

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 06:20

コロナ対策で閉鎖されていた施設も順に解放される様になってきました。

こちらは二条城、馴染みの櫓。

世界遺産の二条城は京都府民のみ入城が出来る様に。

入口では府民の証明が必要な程。

家内は正規の入場料を支払いましたが私は高齢者という事で全て無料。

本来なら入場者でごった返す東大手門には人が居ません。

まずは唐門に。

西本願寺の唐門は嫌という程彫刻が施されていますが、こちらは金箔の豪華さがあります。

上を見上げると。

見事に調和。

 

こちらが国宝の二の丸御殿。

職員さんしか写りません。

こちらの中は撮影が禁止。

何度もテレビで紹介されているのでご存知の様に、沢山の虎が描かれた部屋や大政奉還の場面を人形で再現した部屋もあります。

 

実は台所の間など一部で有料で催事に使われる事もあるのです。

 

この後は二の丸庭園へ。

長年掛けて剪定を施された樹々は盆栽の様に見事な枝振りです。

綺麗な芝生は西洋的な要素も。

 

池に岩の見事な庭園。

 

青鷺も数羽、大きめの鯉もいますが小魚もいるみたい。

 

滝も見えます。

 

今はツツジの季節。

 

本丸の方に向います。

内堀に掛かる東橋と本丸櫓門。

本丸御殿は現在修理中。

 

その庭園。

右の向う側の石段は内堀に立つ石垣の裏側。

 

天守閣跡に登りました。

内堀の突き当たりに見えるのがが桃山門、左の大きな屋根が二の丸御殿。

 

西門に繋がる西橋が見えます。

 

その西橋から石垣が見事に。

 

珍しい小さな葉の銀杏がありました。

樹形も銀杏の形からするとちょっと違う様な。

 

城に取っては松は常緑樹として最も大事な木かもしれません。

並木になる程植栽されています。

 

絵になる松があります。

 

角倉了以は高瀬川という運河を掘ったり、桂川上流の谷を掘削して治水等に貢献のあった豪商です。

そこから頂いた庭石や建築部材で清流園が作庭されました。

和楽庵もその一部。

香雲亭は市民参加の茶会にも使われます。

その庭。

 

人が極度に少ないので城主になった気分で散策出来ました。

二度とはない貴重な体験。

コロナのお陰と言えばお陰かも。

 

他府県の方の入城は中頃に解禁される予定だそうです。

コメント
「城主気分」というのがまことによろしいですね。わたしもいっぺん味わってみたい♪
二条城は圧倒的人気!というところではないけれど、なかなか見どころ多いですよね。落ちついたら再訪したいと思っています。すてきな景色、ありがとうございました。
  • 三月うさぎ
  • 2020/06/03 11:55 AM
三月うさぎ様、お早うございます。
この気分はもう数日の間だけ、それも京都府民に限られます。
残念でした。
もう優越感一杯です。
入場料と二の丸御殿の入場料を合わせると結構な額になります。
なので何度も行ける所ではありません。
歴史の舞台になった二の丸御殿は矢張り値打ちがありますが、その他の庭園は長く京の庭師の努力の賜物。
予算の少なさにも拘らず、徐々に樹々と一緒に成長させています。
機会がありましたら、是非。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM