鴨川の桜

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 06:16

京都はコロナの影響で何処へ行ってもガラガラ。

学校の休校もゴールデンウィークまで延長されました。

小学校の入学式だけは在校生の出席を取りやめて挙行された様です。

 

昨日は植物園を散歩に出かけましたが、コロナで臨時休園。

あのだだっ広い植物園でどうしたら感染するのか聞きたい位。

温室はわかりますが。

 

そんな訳で植物園の西側、鴨川沿いの「半木の道」へ行く事に。

半木と書いて「なからぎ」と読み、桜の名所として知られています。

ただ、こちらの桜は遅咲き、期待した程の凄さではありませんでした。

それでも。

こんな標識も立っています。

枝垂れが多いのですが少し遅咲き、七分咲きと言った所。

名所だけに人は多めです。

蒸せ返るという程ではありませんが、今週後半は楽しみです。

 

こちらから鴨川上流に向います。

土手の桜はほぼ満開です。

よそ見して落ちない様に言われる土手の際。

鳩は多め、人が居ると近寄ってきます。

人が少ないのでどの辺りで弁当を広げるか思案しながらの散歩。

桜の木の下で。

近くの人は良いですね。

こんな散歩道があって。

 

もう少し上流に向うと五山の送り火の一つ「船形」の山があります。

高野川なら「妙」と「法」が見えます。

上賀茂橋から撮影。

向い側に渡ってこちらの桜を愛でながら昼食を頂く事に。

 

遠くに比叡山を借景。

こういう風景を見られる事の幸せを感じながら、美味しく頂く弁当は最高。

鴨川では広げた弁当をかすめ取って行く鳶に注意が必要です。

二年程前には十メーター程離れた方が目の前でやられました。

この日は遠くに一羽見ただけでしたが。

目の前は芝生、気持ちよかった。

近くに青鷺が来ました。

女性カメラマンが近付き過ぎたので川に戻りました。

この青鷺、結構獰猛で大きな魚は勿論他の鳥や小動物まで捕食します。

 

暫くするとセキレイ(鶺鴒)が近くに。

小さい時から鴨川ではいつも見掛けた鳥で、青鷺は殆ど見た事がなかったのですが。

落ち込みの瀬音を聞きながら散歩を終わりました。

三密(密集、密閉、密接)を避け、手洗い、うがいにマスク着用でコロナから身を守りましょう。

マスクも自作出来ます。

洗って何度も使え、荒めのガーゼでも無しより防御効果が遥かに高いそうです。

頑張りましょう。

コメント
鴨川の景色楽しめました。以前会社の寮があったので、機会があれば訪れたあたりです。ありがとうございます。
平経正、敦盛の歌に「人はみないくさに出し仮の屋に梅ばかりこそ春を知るかな」がありますが、ふと思い起こしてしまいました。
  • 三月うさぎ
  • 2020/04/08 9:09 AM
三月うさぎ様、今晩は。
確かそうでしたね。
京都には大会社の宿泊施設が結構良い場所にありますね。
利用される方も多い様です。
京都にいながら羨ましく思ったものです。
鴨川の堤防は散策に良い所です。
上賀茂近くは魚がなかなか登れませんが、四条辺りは結構居たので魚取りをしてよく遊びました。
流石に文学に造詣が深いですね。
平敦盛の和歌がさっと出るなんて。
そんな和歌の似合う街です>
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM