亀岡「七谷川」の桜

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 06:39

京都の桜は満開の一歩手前「八分咲き」になってきました。

有名観光地でも人は少なめですが、京都でも余り知られていない隣町の亀岡「七谷川」へ行ってきました。

今年一月にオープンした亀岡駅前にある京都スタジアム(亀岡サンガスタジアム)から車で10分程度の所にあります。

 

臨時駐車場からすぐの橋から川下。

 

こちらは川上、そちらヘ向って。

雨が少ないのか水が枯れています。

これだけダムがあると水があっても鰻くらいしか登れないでしょうね。

鰻の餌も少ないかも。

 

素敵な散歩道になっています。

周辺地図も。

ライトアップされる予定でしたが中止になったとか。

露店も準備されていましたが、帰る頃には片付けされ始め、こちらにもコロナの被害者が。

 

良い散歩道です。

休憩所やトイレも幾つか有り、その上野外劇場やホールなどの施設も近くに。

 

こちらは木と鉄骨で出来た「ふれあい橋」

渡ってみると。

 

河原に下がる道。

 

ちょっと上流になると少しだけ流れていました。

しかし、この直ぐ下流で地中に。

川に張り出した桜の枝は絵になります。

 

先程の「ふれあい橋」の向う側に有った野外活動センターのの「ふれあいの里」。

人影は見えませんでしたが。

 

先程の地図の有った所から川下に。

こちらも広めの遊歩道に。

この季節だけ通行止めになっているのかも。

 

レンギョウとのコラボ。

 

こちらでも川に張り出す桜が綺麗です。

柳は根を強く張るので川の土手に使われました。

桜は見物客が増えるので観客が土手の土を踏み固めるから土手に使われたと言われています。

京都市内でも鴨川、高野川、天神川などの有名な桜並木があります。

 

少し外れた所にまだ蕾の山桜もありましたが、ピンク色の枝垂れ桜も咲いていました。

 

桜は手間をかけないと花芽が減少したり、枝が朽ちたりします。

こちらの桜並木でもこれだけの本数になると手が付けられないのでしょう。

枯れた桜もありました。

そんな朽ちた桜の根元近い所から咲いていた桜がこちら。

この並木の中で唯一青い新芽を豊かに芽吹かせている桜です。

青葉と花の白さが目に焼き付く美しさ、命を感じます。

コメント
みごとに咲きほこりましたね。さすがに上方の桜は美しいと思います。
関東も満開にちかくなりました。ただですねぇ、なぜか今年は美しいと思えない。心がはなやがないのであります。
花はつまるところ心で観るものかもしれませんね。
  • 三月うさぎ
  • 2020/04/02 4:09 PM
三月うさぎ様、今晩は。
京都市内の有名所は借景が良いので見応えがあります。
しかし、こういう堤防の土手に植わった桜も良いですね。
京都市内でも鴨川や高野川、天神川が見頃を迎えました。
しかし、見物客は至って少なめ。
鬱陶しいコロナの恐怖を感じながらなので心から晴れ晴れしませんね。
それでも気分を入れ替えるには人の少ない花見はうってつけかもしれません。
無理してでも出かけるべきだと思います。
但し、出来れば車で。
人が多ければ帰るという事を決めて。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM