見事な枝垂梅:城南宮

  • 2020.02.25 Tuesday
  • 10:14

昨日、枝垂れ梅が満開になった城南宮へ行ってきました。

普段はひっそりした神社なので高を括っていましたが、何の事はない大行列。

他府県からの車で付近は大渋滞でした。

その行列。

並ぶ事二十数分。

平安京の時代から京の南を護る神社として崇敬を集めていました。

周囲には離宮が建ち並び院政の地となった事でも知られ、熊野詣での際はこの地で数泊、身を清めて旅立ったのです。

京都では方除けの霊験が強いとの事で新築や移転の際はここでお祓いをする習慣があります。

 

神苑でもこの通りの混雑、カメラやスマホで立ち止まるので動きは遅めに。

 

桜なら花で圧倒される事がありますが、梅で圧倒されるのは初めて。

凄いです!!

 

清楚な佇まいが梅の真骨頂ですが、これだけの梅には圧倒されます。

城南宮には数カ所小川があります。

白梅より紅梅が多めです。

もの凄く元気な梅です。

 

桜が散った地面はそれで見応えがありますが、こちらは梅でも。

白っぽいのが花びら。

梅で堪能します。

 

白梅に近付いて。

人を避けて撮影するのが難しい。

この時期城南宮は椿が咲く事でも知られています。

 

社殿と梅。

城南宮は「曲水の宴」が開催される事でも有名。

ゆっくり流れる小川の水に盃を流し、自分の前に来るまでに和歌を読み、その酒を飲んでその盃に酒を注ぎ次に流すという風流な行事。

ここで開催されます。

 

道路を挟んで庭園があります。

こちらも見事。

紅白の梅も。

本数の多い北野天満宮も真っ青というくらい見事な梅でした。

城南宮には何度も来ましたがこの時期は初めて、この人の多さも初めてでした。

来客の内外国人は1%にも満たなかった様です。

マスクの掛け率30%くらいでした。

コメント
みごとな梅ですね。
新型肺炎でうちにこもりがちですが、むしろ外気の下にでたほうが健康的に思えます。
ただわたしの問題は花粉でして、ここ一週間ほど外を歩くと辛い‥‥‥
  • 三月うさぎ
  • 2020/02/25 3:44 PM
三月うさぎ様、お早うございます。
そちらも所在不明の患者が出て市民は外出を躊躇される様ですね。
京都の観光地もめっきり人が減った筈なんですが、日に寄ってはもの凄い人出のの時もある様です。
この日も少ない筈と思っていたのにアテが外れました。
私も花粉に悩まされていますが、ここ二年程症状が軽くなって助かっています。
加齢で身体がぼけたのだという人も。
もう暫くすると同じ事が起きるかもしれませんよ。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM