波濤訪問着と椿

  • 2020.02.23 Sunday
  • 06:37

こちらで度々ご登場頂いているお客様からまた素晴らしい着姿のお写真を頂きました。

ご了解を得てお顔をぼかして掲載いたします。

初釜の際にお召しになったお家族のお写真。

お嬢様も着物姿で。

お嬢様もお顔をぼかしていますが、可愛いのが分かってしまいます。

お母様の立ち姿。

北斎の絵に出てきそうな荒波は白胡粉と金銀箔、胡粉の場所には金砂子をぼかして振っています。

図案はご希望をお聞きしてこちらで描き上げました。

上前の一部に刺繍作家による味のある刺繍が入って趣を添えています。

帯が飛来する矢というちょっと珍しい意匠。

以前、ご登場のお客様に飛来する矢の訪問着を染めさせて頂きました。

こちらのブログで着姿をご紹介した事もあります。

こちらは後姿。

身長があるので柄の天は可成り高め、両袖の前後両方に柄が入っています。

地色は黒地、留袖専門の引き染めで染めています。

 

そして最近ご着用頂いた写真がこちら。

帯は変りましたが着姿の美しさは変りません。

この時上にお召しになったのがベルベットのコート。

このコートに付けた羽裏をこちらで染めました。

上からは見えませんが。

図柄は垣根に枝椿。

配色雛形がこちら。

背中一面に柄付けしています。

垣根は金箔、くくる紐を銀箔で。

その彩色写真がこちら。

生地には藤立涌の地紋が。

立涌は縁起の良い吉祥文、立ち上る運気を象徴しています。

幸せなご家庭の一助となれます様に。

コメント
素晴らしいお着物ですね。
波の力強さがこちらまで伝わって来るようです。

お願いしておりますショールと花束文の後に波も良いなぁ〜と思ってしまいました(*'▽'*)
(延び延びになっていた地色、やっと決めましたので返送します)

毎回、此方の女性の着姿を楽しみにしております。
いちファンより。
  • sachi
  • 2020/02/23 11:19 AM
sachi様、お早うございます。
迫力のある波になって、お客様にも喜んで頂けました。
ショールは既に絞りに取り掛かっているので無理ですが、花束文のバックに取り入れる事は可能です。
こんな荒波とはバランスが悪い様ですが。

つい先日、この方は白地にブルーだけの着物を染められました。
柄無しで。
上手いぼかし屋さんなんですが工賃が高騰しています。
廃業が続く業界なので仕方ありません。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM