名人の技をちょっとだけ

  • 2019.10.11 Friday
  • 06:19

工房の下職さんには何人も名人が居ます。

ぼかし、濡れ描き、型友禅そして手刺繍。

そして以外かもしれませんがミシン刺繍にも。

 

元首相が揮毫した書を暖簾にしたのですが、その文字をミシン刺繍で仕上げてもらいました。

元々の依頼主は鳥取の料理屋さんだそうで、テレビにも出た事があります。

その時の暖簾も我が工房で。

 

相変わらず見事な刺繍でしたが、その時見たのがこちら。

祭衣装で子供がその年令になると必ず誂える習慣があるのだとか。

風神雷神や虎などを以前に見ましたが今回は「狼」

黒地の生地に柄の縁取りだけ、後は小さなぼけた写真を手渡されるだけ。

それをこれだけ写実的に仕上げます。

 

驚くのはその早さ、し始めたら止まりません。

刺繍は着物全体にあるのでその刺繍の量は半端ではなく早さが必要なのは分かりますが。

それにしても恐ろしい技術です。

 

拡大すると。

どうです。

見事な物です。

 

これを音を出すなら「ダーーー」と縫い進めるのです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM