令和と藤袴:絶滅を乗り越えて

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 06:25

元号「令和」の元になったのが万葉集。

その序文「時に、初春の月にして気淑く風ぎ 梅は鏡前の粉を披きは珮後の香を薫す」から引用されました。

下線の所、令和の他に蘭が。

実はこの時代の蘭こそ「藤袴」だったのです。

藤袴は秋の七草の一種で名前は良く知られていますが国の準絶滅危惧種に指定され、京都府でも絶滅危惧種に区分されている貴重な植物です。

 

京都西京区大原野の溜池のあぜで二十年程前に自生する藤袴が発見されました。

それ以来沢山の人の尽力で繁殖され、毎年この時期に梅小路公園「朱雀の庭」で公開されています。

その朱雀の庭に隣接するのが「京野菜レストラン」

ここでランチを頂きました。

名前の通り「京野菜」をメインにした料理ですが、味は見事にいけます。

サラダはビュッフェスタイルですがどれも味付けが見事。

今まで横目でスルーしていたのが悔やまれます。

内部。

賑わっています。

女性スタッフは手際よく良く働くので気持ちが良いのも魅力。

 

座った場所から庭が一望。

手前の白い花が藤袴です。

 

庭に出ました。

数多くの鉢に植えられた藤袴が池面にズラッと。

秋の七草の一つ「女郎花」と同じく着物の柄に使う事もあります。

ちょっとずつ近付いて。

もうちょっと。

藤袴は水辺に自生します。

京都市は太古、湖だった時期があり、旧琵琶湖と水路で繋がっていました。

上賀茂の当りは賀茂湾、岩倉の当りは岩倉湾、山科盆地も山科湾だったのです。

水位が低くなりその水路は宇治川に、そして南の方に大きな巨椋池が残りました。

京都の鴨川、桂川など全ての川と宇治川の水を集めていたのです。

その頃、この池の畔に群生していた一種が藤袴だったと考えられています。

都が京に遷都される前、京都は「山背」と呼ばれましたが遷都される時は四方を山に囲まれた城塞の様な盆地だったので「山城」と名づけられました。

古代の湖が「山城湖」名づけられた所以です。

 

花見の花が梅だった頃、匂い芳しい花として万葉の時代から藤袴が愛でられていたのです。

 

朱雀の庭の池の畔は百日紅が沢山植えられています。

猛暑が続いている事が影響しているのか、今も可成り咲いています。

上の緑の木に見える赤い小さな花が百日紅。

真夏は見頃だったに違いありません。

 

こちらは藤袴と蝶。

ぎふちょうかも。

 

藤袴と和の花を展示してあるので幾つか紹介。

名前知らずですが綺麗な花です。

 

こちらは「檜扇」

 

タムラ草。

 

この庭から梅小路公園の森へ空中散歩出来ます。

「いのちの森」と称された一角。

自然林として余り手を加えない森でカワセミなども飛来するそうです。

その入口。

一ヶ月後が楽しみな紅葉が出迎えます。

 

空中散歩の廊下。

小鳥が横切っていきます。

水辺には何か見えませんでしたが、水紋が動いていました

 

庭に戻って少し歩くと大きな水音。

近付くと立派な滝があります。

何度も来ているのに初めてみました。

可成り見事な滝、知っている人は少ないと思います。

流れの先に「紫式部」

昔、鉢に植え盆栽に仕立てていた事があります。

 

何故か猛暑が続いていますが、樹木は季節を感じ取っている様です。

赤くなり始めた紅葉。

 

藤袴に熊蜂が。

熊蜂はその大きさや色から怖がられますが、至って大人しくゆっくり触っても刺されないそうです。

止めておいた方が良いですが。

一昨日、我が家に大きなスズメバチが侵入、夜だったので外に出る気配がなかったので殺虫剤等で駆除しました。

家族を退避させるなどの大騒ぎに。

暑さのせいかも知れません。

コメント
知らなかったことがたくさんありました。ありがとうございます。
藤袴‥‥‥ことばで知ってはいても、かように可憐でなにげない花だったのですね。
  • 三月うさぎ
  • 2019/10/02 9:48 AM
三月うさぎ様、今晩は。
日本の植生は随分変化しました。
少しずつですがずっと変化し続けてきたので、誰も変化に気が付いていないのです。
気候だけは激変していますが、この激変が続けばとんでもない事に。
地球はいつか滅ぶと思いますがその時期を早めているのが人間なら人間が変らないといけません。
政治家が望み薄なら心ある企業家を動かすしかないと思いますが・・・・・
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM