緑の風胸一杯に:府立植物園

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 08:05

京都府立植物園は広さ24ヘクタールという広大な植物園。

日本で初めての公立植物園、戦後12年間占領軍に接収された時期もありました。

西は鴨川に沿っていてその川沿いの道は「半木の道」と称され桜の名所となっています。

東には京都コンサートホール。

北は北山通に面し、古田織部美術館や表千家北山会館があり文化と食の名店が点在します。

 

地下鉄南北線の北山駅下車で北山入口から。

直ぐに噴水が迎えてくれますが、今日は少し威力が小さめなのでパス。

艶やかな花が出迎えてくれます。

「タイタンピカス」

 

こちらは良く見かけるのですが、名前は不明。

 

何故この名前が付いたか分かりませんが「バクチノキ」多分「博打の木」だろうと思います。

変った木肌。

 

園内には入り組んだ大きな池があります。

鯉や亀それに鴨も。

直ぐ側の湿地にはアオサギも。

何か狙っている様です。

 

この池は紅葉の名所でもあります。

来れば撮影したくなる場所。

 

鴨ものんびりと。

 

池の畔は苔も群生、良い景色を演出します。

 

一部には蓮がまだ咲いていました。

 

本来はこれを見たかった百日紅。

先日来の雨で大分落ちた様ですが綺麗な所も。

 

園内中央に広大な芝生地があります。

その側に「森のカフェ」

そこで休憩すると入口で一緒だった欧米系の親子連れ。

リュックを担いで大汗をかきながらエアコンの効いた部屋に入らず外のテラスで軽食。

外が好きなんですね。

そのテラスから。

 

この芝生地の直ぐ側、柘榴です。

柘榴は沢山の実がなる事から縁起の良い果実とされています。

 

こちらは「ジンジャー」食用ではありませんが生姜です。

こんな綺麗な花が咲くとは。

 

植物園では定番で見る事が多い「ブルグマンシア」茄子科だそうです。

 

草むらで思いがけない昆虫を見つけました。

良く見ないと見つからない「いととんぼ」

昔は黒っぽいのを良く見かけて捕まえたものです。

 

昆虫は沢山居そうで、アブラゼミに混ざって「ツクツクホーシ」が沢山鳴いています。

夏の終りに鳴くので季節が秋に変わろうとしているのが分かります。

蝉取に良く行った子供の頃ツクツクホーシは宝物でした。

池や小川があるのでトンボを水辺で見かけます。

温室前にある鏡池には睡蓮が咲いています。

手前に留っているのは赤とんぼ、かなり強烈な赤。

赤とんぼと言っても普通はオレンジですが。

 

こちらも睡蓮。

こちらには「シオカラとんぼ」

右のトンボは求愛のポーズかも。

 

大きな敷地に緑が一杯、人も可成り少なめ。

草の匂いと風が癒し、訪れないのは勿体ないといつも思います。

コメント
トンボの季節ですね。子どものとき夢中になって追いかけました。オニヤンマを捕まえると、宝島をみつけたような気になりました。
イトトンボもなつかしいですね。
先日近所でギンヤンマを見かけました。ずいぶん長く見ていなかったような気がします。
  • 三月うさぎ
  • 2019/08/27 8:38 AM
三月うさぎ様、お早うございます。
オニヤンマは確かに宝でした。
昔は街の真ん中でも良く見かけましたが、市内で見る事は減りました。
自宅のマンションには夏の終り頃、赤トンボの大群が数日現れます。
この赤トンボは別の種類だそうですね。
イトトンボは郊外に出ても滅多に見なくなりました。
深い紺系のイトトンボは山手の川沿いならいくらでもいましたが。
そう言えばギンヤンマも見ません。
少なくなったのか、いる所に行かなくなったのか。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM