手描友禅の日傘:真向い兎

  • 2019.07.08 Monday
  • 08:19

先日、工房に東京のお客様にお越し頂きました。

美しいお二人は親娘、何度も着物を染めさせて頂いています。

その客様からご注文頂いたのは日傘。

昨年来制作していなかったので、お客様にお願いして公開させて頂きます。

 

ご注文頂いたのは「薄山葵」の地色で伝統的な「真向い兎」の図柄。

それを見て家内も「灰青」で作って欲しいと。

こちらは後から制作した灰青の制作中のスナップ。

仕上りの良さに家内はちょっと諦め店頭に飾る事にしました。

 

お客様にお届けした薄山葵色の日傘がこちら。

 

反対側が。

実物は地色がもう少し緑味が鮮やかです。

こちらは綿の生地を使用。

手描友禅は普通正絹を使いその日傘も制作しています。

正絹では普通、酸性染料を使うのですがそれだと耐光性に問題があるので日傘では反応染料を使っています。

綿の染に開発された反応染料はデーターの集積が必要で、一般には大工場で管理された環境で染め付けられます。

 

小さな工房の染では試行錯誤の連続でしたが、何とか思った色に染める事が出来る様に。

それでも正絹は使い慣れた着物生地ですが、綿は風呂敷の生地を使うので巾が1メーター程。

綿は安価に思えますが実は可成り手強い相手で、繊細さに使う神経と手間はこちらの勝ち。

まあまあ納得の仕上りに出来たのでお客様には喜んで頂きました。

 

価格は8,800円、図柄や色の別注もお受けしています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM