祇園祭:稚児が騎馬で社参・・・工房の行灯

  • 2019.07.05 Friday
  • 06:57

宵山の風情や豪華な山鉾の巡行が祇園祭の花形ですが、メインキャラクターである長刀鉾の稚児が八坂神社に騎馬でお詣りするのも一つのクライマックスと言えます。

7月の13日土曜、午前11時に始まります。

白馬に乗り供を従えて八坂神社に詣でると正五位少将の位を授かって神の使いとなります。

 

その様を遊にゃんの行灯に。

 

夜になると。

稚児には十歳位までの男子が選ばれ、長刀鉾と養子縁組をし大安の日を選んで結納が贈られます。

二人の禿も選ばれ稚児のお供をします。

 

7月1日には八坂神社でお千度(本来本殿を千回廻る祈願)、5日には鉾の会所で舞を披露する、13日は騎馬で社参。

本番の17日は地上を歩かず強力が肩に乗せて鉾に上がります。

そしてクライマックスは四条通に張られたしめ縄を鉾の上、真ん中にいる稚児が刀で切るシーン、これより神域に入るという行事で見物客から大きな拍手が自然に沸くのです。

鉾の巡行の後八坂神社に参拝、位を返上し普通の子供に戻ります。

稚児になるのも大変なんです。

親御さん共々。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM