超絶技巧の吉村芳生

  • 2019.06.02 Sunday
  • 16:34

「超絶技巧の吉村芳生」展が京都駅伊勢丹の美術館「えき」で開催されていました。

今日迄です。

日本の美術は模写に始まって模写に終わるとされています。

模写がある程度上達した上で取捨選択、デフォルメで個性が発揮されます。

 

その模写が他人の真似のできない領域まで達すると芸術に。

とんでもなく高い技術を見てきました。

 

新聞に描いた自画像は何百枚もあるそうですが、その新聞も描かれたもの。

名前をネットで検索されればいくつか出てきます。

ぜひ、ごらん下さい。

 

そのほかの作品としては白黒写真の風景や人物、そして美しい花など多岐に渡ります。

一枚だけ撮影を許可されていたのでご紹介。

既に鬼籍に入られていますが、有名になったのは遅め、60歳近くになってからでした。

このコスモスの絵が絶品となりました。

 

ありふれた模写でない何かを感じられます。

お目にかかる機会がありましたら是非足を向けられます様に。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM