工房の小物作品、ご覧あれ

  • 2018.11.08 Thursday
  • 07:14

染工房 遊は着物の染を生業にしていますが、染の技術を生かして沢山の小物も手づくりしています。

来る11月10日より25日迄、その小物のオータムセールを開催します。

どんな小物を作っているのか、一挙にご紹介致します。

それぞれ一点しか制作しない事が多いので、同じものが余りありません。

 

着物屋なので正絹を使うのが殆どですが、帆布も良く使います。

先ず「遊にゃん」「遊ワン」のキャラクターでトートバッグ。

手描で定番として人気なのがこの形。

前と後。

A4サイズですがB4サイズでも。

風神雷神や弁慶義経などキャラクター柄も制作しています。

A4サイズで2,500円,B4サイズで3,000円。

 

こちらはボトルケース。

ペットボトル用ではなくサーモス水筒をぶら下げる為の袋。

約14センチX21センチで価格は1,200円。

図柄はこの二種類で色違いを数種類用意しています。

 

こちらはポーチ。

内側には正絹の無地生地を使って二重に。

どちらも同じ図柄で数種の色違いで。

大きさは巾が約19センチ高さが約12センチ、価格は1,600円。

 

動物の形をしたペンケース。

チャックは前に付けていましたが、お客様の要望で裏側に付けるものも。

熊や兎、鼠、ペンギン等も。

もちろんワンちゃんもあります。

大きさは縦がやく22.5センチ、横が約11センチ。

価格は2,300円です。

 

こちらは先日紹介した新作のらんちクロス。

大きさは約40.5センチ四方、価格は1,100円です。

裏側に三角巾をつけワンポイント柄付けしています。

図柄はワンちゃんとねこちゃんが何種類か。

 

こちらは家紋を少し崩して素描で仕上げたティーマット。

面白い家紋を選んでいます。

大きさは巾が約31センチ、高さがやく20センチ。

価格は750円です。

 

綿生地を使ったものとしては素描の動物ハンカチがあります。

価格は480円。

ハンカチでは絞りで染めたものも人気でそちらは580円です。

 

こちらは「やすらか」という文字を筒描きで仕上げた数珠入れ。

親鸞聖人のお言葉「安穏」を意味しています。

金属バネの口金を使用。

大きさは巾が約9.5センチ、高さが約15センチ

価格は1,100円。

裏側も正絹の無地生地を使っています。

 

「メガネ入れ」生地は正絹ですが染付けはプリントで。

こちらは北斎の肉筆画「狐法師」

柄数は豊富です。

現在はメガネ保護の為、絹の生地を三重にして仕立てています。

巾は約8センチ、高さは約18センチ。

価格は950円です。

これと良く似た形でスマホ入れも作っています。

 

こちらは小銭入れ。

と言っても、小物入れに使われる事が多いそうです。

お気に入りの家紋を入れて欲しいと言う注文が多め。

別注を受けた時、硬貨を入れるのかお聞きしています。

硬貨専用だと内側を補強。

巾は約8.5センチ、高さは約13センチ。

価格は950円です。

 

工房の定番と言えば巾着「大中小」とあります。

こちらは「小」、一番人気は「兎の民話」シリーズと梟。

プリントで染めています。

大きさは巾が約9.5センチ、高さが約17センチ。

価格は950円。

龍や虎、鳳凰など柄数があります。

時に舞楽の蘭陵王の別注も。

「中」は同じコンセプトで制作。

大きさは巾が約15センチ、高さは21センチ。

価格が1,200円となっています。

 

こちらは「木玉付き大巾着」。

プリントではなく手描友禅で染めています。

こちらの柄は「真向い兎」他には宝尽くしや雪輪などの伝統柄が。

二重になった内側を外に垂らし、そこに柄入れしています。

写真の黒部分の上半分は向う側に垂れる形。

向う側に垂れた状態で大きさは縦が約23センチ、横巾が約20センチとなっています。

柄入れを逆にしたものを別注頂く事も。

価格は2,600円。

 

同じく手描友禅で染めたポーチ。

巾は約19センチ、高さは約12センチ。

薄色から濃い色迄柄数も豊富にあります。

価格は1,500円。

 

同じく手描友禅で染めた小さめの「がま口」

巾は約9センチ。

厚めの手織りの紬生地を使っています。

価格は1,500円。

 

手描友禅と言えばこのトートバッグはお薦め。

丁寧な作りで仕上げているので和装には似合いそうです。

裏側も正絹、大きさはA4サイズがすっきり入ります。

価格は5,500円。

本来は有り得ない価格ですが、トートバッグとしては品格がちょっと高めかも。

 

こちらは「和ぶくろ」

旅行鞄等に入れておくと下着や靴下等をポイと放り込んでおける便利袋。

裏側も上向きに柄付けしてあり、この和ぶくろ専用にプリントしています。

柄数や地色も多いので、この価値の分かった方は何度もリピート頂いています。

絹生地で手触りが良いのも。

価格は950円。

 

友禅繋がりでタペストリー。

振袖の晴れやかさをご自宅にお裾分け。

生地が着物生地なので生地部分の巾は約38センチ、長さは約80センチ。

価格は4,800円です。

 

こちらはネクタイ。

左側は疋田縞ぼかし。

疋田地紋の生地は入手が出来なくなり残りわずかに。

右側は手描友禅のワンポイント柄。

兎踊りや纏、鳳凰、鳥獣戯画などの和風から写真の自転車やギターなどの洋物まで。

 

次はヘアーバンド。

花柄と無地ですが、鉄紺の無地が現在一番人気です。

見た目以上に手間のかかる作品。

価格は600円。

似た雰囲気で「シュシュ」も制作、こちらは150円のコースターと人気を二分しています。

シュシュは250円、小さめは150円。

全て正絹です。

 

ネクタイの疋田縞ぼかしは半襟にも。

無地の半襟も疋田地紋の生地を使用、こちらの生地も残りわずかに。

疋田の半襟は無地、縞ぼかし共1,200円。

 

半襟でも「はんなり半襟」は結構人気があります。

優しくワンポイントに。

こちらも価格は1,200円です。

 

首に巻くものとしてショールがあります。

こちらは手描ローケツの一種「ダンマル描き」で染め上げた物。

半幅に折って仕立てています。

幽玄的な仕上りに。

巾は約17.5センチ、長さは房なしで2m弱。

価格は7,800円です。

色違いで。

 

ショールではペイズリー地紋の丹後縮緬を使った段染めが一番人気。

巾が45センチですが、ショール用に織られた生地は薄くて手触りが抜群。

長さが約2m。

配色も秋、冬、春用多岐に渉っています。

価格は6,500円。

 

同じ生地を使ってローケツの堰出し技法と二度伏せで染めたもの。

このショール3回地染めしています。

価格は12,000円です。

ご来店のお客様が一桁高く勘違いされたという質感があります。

 

帯揚も染めていますが、ショールに使うという方も多めです。

手描友禅の別注も多い帯揚で定番として染めているのが下の作品。

左は下染めの後、筒描きでゴムを丸く伏せ黒地に染めたもの。

右はショールと同じ段染め。

段染めは小紋や道行、それにお洒落着としての訪問着にも使っています。

生地は丹後で織られた古代縮緬。

価格は両方とも5,800円。

 

最後は定番の二色の染分け。

配色は様々。

二色染分けの帯揚は3,500円です。

 

以上、工房を代表する作品でした。

 

京都へお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM