壬生狂言を見学しました

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 08:00

連休の最終日、工房の定休日でもあったので壬生狂言に行ってきました。

「炮烙割り」で有名なのでご存知の方も多いと思います。

壬生寺は新撰組の壬生の屯所近くにあった寺でも有名。

その屯所の一つであったのが八木家。

その前を通ります。

見学が可能で、直ぐ近くには同じく屯所となった前川家もあり、そちらも公開されています。

屯所が西本願寺に変る前でした。

 

壬生狂言が開催されている時は露店が出ているものと思って昼餉を取らずに壬生寺へ。

呆然!

露店無しです。

仕方なしに狂言会場に。

早かったのですが開場されていたので中に。

料金は千円です。

舞台は演者が居なくても全く撮影禁止、これは悪しき日本の伝統だと思いますが。

舞台はこの建物の向う側にあり、重要文化財に指定されています。

開演は午後一時、終了は午後五時半。

実は一時間程度で幾つかの演目が演じられ、観客の入れ替えがあるものだと勘違いしていました。

この四時間半で六つの演目が10分程度の休憩を挟んで演じ続けられるのです。

 

隣に座ったご夫婦の話では先ずは忍耐ですと聞かされました。

太鼓に鉦、そして笛の割と単調な拍子で無言劇、無言の踊りと言って良いかも知れません。

確かに同じ所作を繰り返して踊るのですから最初は眠たくなるかも知れません。

隣のご主人は解説書を読むと演技の意味が分かって面白いですよと。

 

販売する方が来られたの買い求めました。

縦が二十センチ程の小さな解説書ですが、30程の演目の意味や出演者、ストーリーが載っています。

これを読んで狂言を観ると俄然面白くなってきました。

その所作の意味が手に取る様に理解できます。

 

演じる人は近くに住む人達で構成されているとか。

全てボランティア。

地域の伝統として受け継がれているのです。

 

最初に演じられるのは有名な「炮烙割り」。

陶器の炮烙に願いを書き込んだ皿の様な物。

単に割るだけだと思ったらほぼ40分の狂言でした。

炮烙売と太鼓売が市場の権利の取り合いをし、負けた太鼓売が腹いせに積まれた炮烙を落とすというもの。

皿を演者が見えない程積まれ、それが次々に落として割れるのは壮観です。

この長い時間を拍子に合わせて踊り続けるのですから憶えるだけで大変。

 

次の演目は「土蜘蛛」

源頼光の家臣渡辺綱などと蜘蛛の化身の戦いですが、その手から広く放たれる蜘蛛の糸が観客席迄。

名場面です。

この演目では小学生も太刀持ちで登場、立派な演技です。

太鼓も小学生。

見る程に引き込まれます。

 

その次は「桶取」

生まれつき指が三本しか無い事から生まれ変わるときには普通になりたいと水を汲んで観音様参りをしていた白拍子。

その美しい姿に惚れた商人が言い寄って思いを遂げると、醜い商人の身籠の嫁さんともめます。

その所作の面白い事。

素人とは思えません。

伝統の恐ろしさとも言うべき見事さ。

この演目の終了時で既に午後四時前。

空腹と板の椅子で忍耐の糸が切れて帰る事にしました。

 

全く期待していなかった壬生狂言でしたがこれほど優れたものとは思っていませんでした。

次回休みと合えば、しっかり準備して見学したいと強く思った次第です。

この壬生狂言も鎌倉時代に始まりました。

演目も他の伝統芸能と重なっています。

日本には能や狂言、舞楽に歌舞伎、浄瑠璃など凄い伝統文化が残っています。

誇りにすると同時にしっかりと保護する事も大事な事だと思います。

コメント
話に聞く壬生狂言ですが、そうしたものだったのですか!
歌舞伎などとは比較にならないくらい、基礎知識を要求されるのでしょうね。なにやら覚悟が必要みたい♪
壬生には一度行ったことがあります。もちろんミーハーの「新選組名所めぐり」でしたが‥‥‥
  • 三月うさぎ
  • 2018/10/09 4:41 PM
三月うさぎ様、今晩は。
確かに覚悟が要る様です。
隣に座ったご夫婦は何度も来られていた先輩。
忍耐が要るなど想像もしていませんでした。
観る方より演じる方が本当は忍耐が要る筈。
それを思うだけで尊敬に値します。
この解説書は壬生狂言を鑑賞する上で必須のアイテム。
無言劇の動作が理解出来て感動を覚えました。
この伝統が今でも生きている事に誇りさえ。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM