京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 工房の行灯が梅雨バージョンに | main | 新作:手描友禅のネクタイ >>

古陶の郷:信楽「陶器の森」へ

JUGEMテーマ:旅行

日本の最古陶の一つ滋賀県にある信楽に行ってきました。

陶器は生活必需品ですが、反面芸術品でもあります。

狸の置物で有名な信楽焼ですが、閉店した店も結構ありました。

100均や世の流れ、それにおボッちゃま政治家に分からない不況が影響していると思います。

 

信楽焼は作品が土臭く庶民的な生活品が多いのですが、矢張り作家作品にはそれ以上の質感の高い作品もあります。

その信楽のシンボルが「陶器の森」

小高い山全体がその敷地にあり、頂上付近に博物館として「陶芸館」があります。

オブジェが幾つか点在していますが、面白かったのがこちら。

陶芸館の前にありました。

陶芸館がこちら。

当日は「熊倉順吉展」が開催中でした。

600円。

熊倉順吉は京都出身の大正生まれの陶芸家で海外でも活躍しています。

宇治の山奥「炭山」で作陶されていたそうです。

勿論撮影禁止なので写真はありません。

ごく普通の皿などの生活品も作っていますが、際立って面白いのは人体の一部と幾何的なものを合わせて作った芸術品。

ジャズに魅せられその音楽の中から生まれたそうですが、繋がりはよく分かりませんでした。

しかし、赤い素焼きの作品は芸術性が高い事がよくわかります。

初めて目にする創造物、驚きの作品が展示されています。

後五日程で終了です。

 

この後、同じ陶芸の森の中にある「伝統産業展示館」へ。

人は見えませんが、中は結構人が居ました。

展示即売もあってそれなりにお買上げの人も。

工芸的な細密な作品など、面白い陶芸品があるので一見の価値があります。

こちらにはレストランも併設。

 

矢張り山の中にあるので緑が最高。

この時位迄天気が悪かったのですが。

この後、湯飲み等を買って栗東の道の駅に。

 

アグリとは「農業の」という意味だとか。

アグリパーク竜王という農業公園には何回も行っていますが、こちらも何回も通った「アグリの郷 栗東」

久しぶりに昼食を兼ねて行きました。

この頃には青空が広がって。

日替わり定食は700円、野菜を主にしたランチメニューでごはんのお代わりが自由です。

地場の野菜や米などの産物が販売されているので、野菜の仕入によく通いました。

今回は野菜の他に甘酒用の麹も狙い通りゲット。

 

この道の駅は側に新幹線が通過します。

何故かこれが好きです。

そぞろ歩き | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

信楽ですか‥‥‥行ってみたいところです。
作家の窯なども近くにあるのでしょうね。
関東で信楽というと狸の置物しかうかんでこないのですが、工芸品としての信楽焼き、触れたいものです。
三月うさぎ | 2018/06/13 10:31 AM
三月うさぎ様、今晩は。
信楽と言えば狸ですが、それは表看板。
磁器というより陶器の作品が多いのが特徴です。
その点は清水焼と真逆かも。
それでも筒描きを使ったりして新しいものにも挑戦している様です。
道路沿いに店が何軒も点在しているので、何軒も回って品定めが出来ます。
閉めた店も目に付きましたが、機会があればお薦めです。
otyukun | 2018/06/13 10:37 PM
そちらは地震大丈夫でしたか?
十分お気をつけ下さい。

信楽の陶器の森に行かれたんですね!
楽しそうですね。
オブジェも斬新ですね

熊倉順吉展、あと数日で終わりなのが残念です。

緑が美しいですね!

アグリの郷 栗東、
一度行って見たいです。

鬱陶しい天気が続きますが、
どうかお体にお気をつけ下さい。
上村 | 2018/06/18 10:10 AM
ご無沙汰しております。
地震の被害はありませんでしたか?
長岡京のイトコに電話した後、
すぐに電話が通じなくなりました。
このところあちこちで頻発していて
気味悪いですね。
余震もまだあると思います。お気をつけて。
とんぼ | 2018/06/18 4:32 PM
上村様、お早うございます。

きつい地震でした。
発生の後はしばらく余震がなかったのですが、夜になって不気味な揺れが時々。
熊本の様に後から本震が来ない事を祈っています。
京都は余り酷い被害は無い様です。

吉野から信楽は結構ありますね。
陶器の店や施設は点在しているので、車でないと不便です。
独特の味があるので一度は訪れてみて下さい。

吉野の奥千本に桜を増やす事業も漸く終了するそうです。
otyukun | 2018/06/20 6:47 AM
とんぼ様、お早うございます。
阪神大震災では大きくて強いグラグラという揺れでしたが、今回は下からガンガン突き上げる様な揺れ。
震源地が近い事を感じさせました。
携帯は直ぐ繋がらなくなりましたが、3時間程で回復しています。
住まいの前に沢山の泡が空中を漂っていましたが、消防署の広報車から心配ないと。
エレベーターも夕方迄止まったまま、九階迄二度階段を往復しました。
工房は古い建物ですが、こちらも無事。
西本願寺の瓦が落ちたそうです。
小さな余震が時々ありますが、市内は普通に戻った様です。
何処で地震が起きるか分からないこの頃、とんぼ様もお気を付けて。
otyukun | 2018/06/20 7:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック