京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< グータラ犬の行灯 | main | 久美浜温泉:すずらん >>

雲立涌の初着と付下:記念写真

お客様のこだわられたのは「雲立涌」

立涌は縁起の良い柄だと知っておられたのかもしれません。

鯉が龍に昇華する様に、ハマグリが年を経て昇華したものを「蜃しん」と言います。

その蜃が気を吐く様を立涌に表しています。

縁起の良い所以です。

その気が楼閣を描くと考えられたのが蜃気楼です。

 

その立涌に雲を配してより縁起の良い柄になったのが「雲立涌」という訳。

お宮参りの記念写真を頂いたのでご覧下さい。

公開のご了承を得ています。

 

赤ちゃんです。

初着は雲立涌に藤、牡丹に菊を散らしています。

しっかりとしたお顔はこれからが楽しみ。

 

お家族のお写真も頂戴しました。

お兄ちゃんは以前に五つ参りでご紹介しています。

唐獅子の羽織や金箔の袴も工房の作品です。

 

このご家族にはおばあ様に当たる方からのご注文なんですが、雲立涌の付下を一緒にご注文頂いています。

その写真も頂きました。

後姿から。

見事な着姿です。

着物のおかげで細っそり見えると仰って頂きました。

有難いですね。

 

上前の柄がこちら。

「雲立涌に鳳凰」

雲は上と下で濃淡をつけています。

 

そして前からの着姿。

 

この図柄に合わせた注文頂いた手描き友禅のネクタイとトートバッグはこちらのブログでも紹介しました。

こちら

 

来月に「お食い初め」があるので絽の生地で初着を制作中です。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック