京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 手描きの日傘:誕生 | main | 「碧空に舞う鶴」の訪問着 >>

桜満開の嵐山は

夕方になると観光客も減るだろうという事で、四時過ぎに自宅を出て嵐山に行きました。

阪急嵐山線は客が結構乗っています。

平日の夕方と言ってもやはり嵐山、観光客は多めです。

阪急嵐山駅の桜は見事です。

 

こちらは有名な旅館前の桜。

 

中之島公園には敷物の上で団欒する方や、着物姿も。

 

桂川に掛かる枝垂れ桜。

 

渡月橋と桜。

陽が陰ってきたので暗めに。

 

こちらが嵐山。

人の少ない時を狙っているのですが、難しい。

 

渡月橋から上流は大堰川、堰の向うにはボートが沢山。

これほどのボートを見たのは初めて。

 

渡月橋の上でも記念撮影する方が多く、通行が止まります。

こちらも風景は撮っていますが。

 

こちらは川縁にある有名な料亭「吉兆」

左の石塔にある様に、渡月橋は十三参りでお馴染みの法輪寺にお詣りする為の橋として作られました。

川沿いを亀山公園に向うと馬酔木も満開です。

 

ボートを楽しむ人。

中学生の頃この当たりで良く泳いだものです。

 

亀山公園では紅葉の若葉が桜と好対照です。

 

馬酔木と三つ葉ツツジも好対照に。

 

何度も着ていた筈の公園ですが、こんな銅像を見つけました。

津崎村岡局。

余り知られていませんが尊王攘夷の公家を助け、西郷隆盛や僧月照などの連絡役を務めた方です。

安政の大獄でも捕われましたが、後は直指庵に隠居、嵯峨庶民の慈母として教育に尽くしたそうです。

 

亀山公園にはこんな散策路もあります。

上手く人を除けられました。

 

こちらは有名な「竹林の小径」に繋がります。

嵐山の観光客の八割以上が外国の方、しかし中国の方は激減しています。

前回来た時は中国語しか飛び交っていなかったので。

 

帰途に付くのは五時を済んでいましたが、観光客は減りません。

もう少し人の少ない事を期待して遅めに行ったのですが。

 

帰り途中の桂川分流に掛かる橋。

向う側は嵐山温泉、日帰り入浴の温泉です。

 

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

さすが名勝地の桜ですね。みごとです。
桜のつぎはハナミズキ‥‥‥青葉も美しくなります。
そして藤、あやめ‥‥‥
花が好きな方には一番の季節ですね。
三月うさぎ | 2018/04/04 1:24 PM
三月うさぎ様、お早うございます。
決まり事の様に花は移ろいます。
今年の桜は一気に咲き、一気に散りました。
見事なくらいです。
今日の市内は撒かれた花びらを見るだけに。
桜らしいさくらでした。
それでも北の方と仁和寺がしぶとく満開で残っています。
otyukun | 2018/04/05 8:28 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック