京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 遊にゃんの花見酒が行灯に | main | 手描きの日傘:誕生 >>

ほぼ満開の天神川の桜

市民の間では良く知られる様になった天神川の桜並木がほぼ満開になりました。

散歩して来たのでご紹介します。

量的な桜なら有名所を凌駕する桜並木、昔の様な汚れた川のイメージはありません。

 

満開の一歩手前でしょうか。

高辻通から南に向って。

 

北を向くと。

満開に近いですね。

 

向い側、天神川通から。

 

通りを下がって万寿寺通にある陸橋から。

 

天神川はその名の通り北野天神の横を流れるお土居の紙屋川の下流です。

お土居は秀吉の作った洪水除けの堤防、北野天満宮にその痕跡を残しています。

天神川は更に市中への洪水を避ける為、西の方に曲げて作られた運河でもあります。

 

こちらの土手にはこの様な屋根の休憩所が点在。

 

桜並木のトンネル。

昨日は人もまばら、時折敷物を敷いて団欒する家族も。

 

桜本来の白に近い薄ピンク。

 

天神川にせり出した枝振りが何とも風情を醸し出して。

のんびり桜見物の出来る数少ない穴場です。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

上方も満開ですね。
横浜も五分から六分咲きというところ‥‥‥明日あたりが満開となりそうです。

そう、桜というのは、それだけでは絵になりません。
水辺に伸びた姿が美しいと思います。
三月うさぎ | 2018/03/28 8:37 AM
三月うさぎ様、今晩は。
一気に満開になりました。
バイクで外回りをしますが、市内で見た桜がほとんど満開でした。
やはり、染井吉野の生まれが影響しているのだと思います。
水辺にある桜は他に岡崎疎水、高野川沿い、高瀬川、なからぎの道が風情たっぷりです。
otyukun | 2018/03/28 9:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック