京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 初着、着物繋がりのバッグとネクタイ | main | 親娘で友禅の染帯を >>

満開の青谷梅林へ

青谷梅林へは毎年恒例の様に出かけています。

土日を避けているので梅より人を見ると言う事もありません。

元々梅干を採取する為の梅畑なので低めの白梅が中心です。

良く見かけるブルーシートは光の反射の為かも。

当日は朝から夕方迄雲一つない好天、珍しい一日でした。

農家の近くには所々に蜜蜂の巣も。

梅の白さと借景の竹林の色の濃さが映えます。

梅まつりの会場は坂を上がった丘の上にあります。

その間はこの様な梅林が続きます。

近くの方が作物や、花、お菓子を販売。

撮影はしていませんが、樹々によって花の量がまちまち。

残念ながら花付の悪い木も。

梅まつりの会場へ来ました。

こちらには白梅以外もあります。

あちこちに提灯。

毎年地元の産品の販売や軽い食事が出来る様テントが張られます。

丁度昼時だったのですが、軽食ブースではうどんもカレーも売切れ、こちらの販売店でもオニギリや寿司が売切れていました。

次から次に来る客に売切れを言っていたのですが、追加がもうすぐ来るとの話を小耳にしたので待ってみる事に。

くる事は来たのですが、ほんの少し、我々が鯖寿司と助六を買うと残りが3点だけに。

城陽酒造さんのにごり酒と缶ビールで美味しく頂きました。

 

腹が満ちると会場の散策、良い梅があります。

可成り濃いめの紅梅ですが、幼木ながらもっと濃い色もありました。

園芸の小鉢を売る所があります。

これが無茶に安め。

こちらのストックが5鉢で50円

こちらのパンジーは10鉢で350円

置く場所があれば買いたい所、菊の一種で「オステオペルマム アキラ」と言う名の鉢花を一つ買いました。

 

この後駅に戻って駅前にある城陽酒造さんへ。

直売所。

甘酒を作る為の麹と新酒の「たれくち」を一本買い求めました。

昨年も買った酒ですが美味しかったのを憶えています。

こちらの向いにはまだ若めの木ですが枝垂れ梅が満開です。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

上方にも春がやってきましたね。
このままつづくんじゃないかと思われるほど厳しい冬でしたが、季節はめぐって春になる‥‥‥嬉しいことです。
梅は一気に満開の様子。関東も同様です。
三月うさぎ | 2018/03/13 2:26 PM
三月うさぎ様、お早うございます。
あまりに厳しい冬だったので体調を崩した方も多かった様です。
急な気温の上昇も応えますが。
梅は一気に満開を迎えた様ですが、桜の開花が早そうだと聞いています。
競演が見られるかも知れません。
otyukun | 2018/03/14 6:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック