京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 絹のめがね入れを作りました | main | 新年大国様のワンちゃん行灯 >>

ダンマルと言う名のローケツ

冬になると活躍するが羽織や道行コート。

そんな上っ張りの一つ、着物型道中着を着用頂いたお客様がご来店。

ダンマルと言うローケツの一種です。

まず着姿を。

ダンマルと言うのは木の脂(ヤニ)の一種で採取されたものは石の様に硬い固形。

それを溶剤で柔らかくし筆で描ける程薄めます。

蝋は熱で溶かして筆書きしますが。

 

上から染め付けると染料が浸透しますが蝋やダンマルの置いた厚さで防染力が変化。

浸透する染まり方にムラやグラデーションが出来ます。

これがローケツの味。

蝋やダンマルは手描したままの世界が見えるのです。

この重厚な魅力を知らない方の多い事。

 

後姿です。

蝋は種類にも寄りますが、防染力が高めなのでこの味は出ません。

ダンマルは柔らかなグラデーションを伴ったソフトな仕上がりが魅力。

通だからこそ知って欲しい手描の魅力です。

 

お客様のご了解を得たので公開しています。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック