京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< はんなり半襟 | main | 見つけた紅葉スポット:あうる京北 >>

ぶらり、日吉大社と比叡山

ずっと台風や雨に祟られていた定休日、晴天に恵まれて比叡山のお膝元「日吉大社」に行ってきました。

途中「坂本ケーブル」の看板が目に付き、幼い頃にしか乗った事の無い坂本ケーブルに乗って比叡山にも行ってみる事に。

 

紅葉が本格的になるとライトアップもされる日吉大社ですが、以前行ったイメージと違ってその規模は可成り大きめでした。

山王神社の総本宮というだけの事はあります。

こちらは重文の「大宮橋」

通常、渡る事は出来ません。

右手に大宮川の清流が見えます。

 

山王鳥居。

珍しいこの形は神仏習合を表していると言われています。

 

この日吉大社は本宮が西と東にあります。

その西本宮の楼門、赤くなった柿が横に。

楼門は重文です。

 

面白いものを見つけました。

落ちた石橋。

大宮川に掛かっていた筈の橋。

この上流に小さめの橋が掛かってはいます。

 

西本宮の本殿は国宝。

丁度、神職がお祓いをして居られました。

普通狛犬は建物の前に置かれるものですが、この日吉大社では縁側に置かれています。

 

こちらは「宇佐宮」

本殿と同じ様に縁側に狛犬、前に舞殿がある本格的な社。

直ぐ横にちょっと小さめの白山宮、祠の様なお宮も幾つかあります。

この宇佐宮の前にあったのが橘。

着物の図柄に良く使う果実ですが、実のなっているのは余り見かけないかも知れません。

 

ずっと東の方に回ると東本宮があります。

その楼門。

こちらは本殿で国宝指定に。

神事に使われる建物は殆ど檜肌葺き、ちょっと変った木材を使った屋根もありました。

これだけの規模とは知らずにずっと小さめの神社と思っていましたが、総本宮というだけの事はあります。

 

こちらの東本宮本殿の境内に「日吉雌梛と日吉雄梛」の木が植わっています。

雌梛は男性が女性の幸せを祈る木、ナギは災難を薙ぎ払う象徴とされています。

こちらがその「日吉雌梛」

今月の中頃からライトアップされるそうですが、ほんのり色付いた楓もありました。

 

この後比叡山の登り口「坂本ケーブル」に向います。

駅舎は可成りレトロで県指定文化財になっています。

ケーブルカーの到着。

降りて来たのは思いもかけない程沢山の人数、平日だというのに。

この坂本ケーブルはケーブルカーとしては日本一長いとか。

下から上迄一本ですからね。

30分に一本の割合で運航されています。

車窓から。

途中に二つ駅があり、先に申告しておけば止まってくれます。

その一つは紀貫之の墳墓。

杉の木立が乱立しているので風景を楽しむ景色は少なめではあります。

その中で一枚。

雲が少なかったので鈴鹿山脈まで遠望出来ます。

 

頂上駅からの眺めは絶品です。

こちらは北部。

 

ズームアップして。

琵琶湖大橋とその向うに沖の島が見えます。

反対側の大津市。

 

延暦寺に近づいてきました。

こちらは「東塔」

 

本堂である根本中堂は大修理の最中、数年掛かるそうです。

その手前が紅葉していました。

向う側に見えるクレーンはその修理用。

 

今回は延暦寺でも行った事の無い場所に。

阿弥陀堂。

丁度、法要の最中で5人のお坊さんの読経は荘厳でした。

中に入る事ができます。

阿弥陀堂の横に先程の東塔があります。

 

そして見つけた古刹の雰囲気漂うお堂がこちら。

戒壇院と言われています。

 

最後に回ったのが鐘楼。

50円の寄進が必要ですが、ここに来ると必ずやってしまいます。

こちらの紅葉も色付いて。

 

流石に標高の高い山は紅葉が早めです。

最盛期にはもう少し。

西洋系の方がまばらに居られましたが、殆ど日本人ばかりの様子。

アジア系の方は殆ど居られないので静かでした。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

数年ぶりに『平家』を読み返しているところでした。
中世の歴史に大きくかかわってきた寺社ですね。

先年おとずれたときは時間に余裕がなく、物足りない気がしました。いつかあらためて観てまわりたいところです。
目の保養させていただき、ありがとうございます。
三月うさぎ | 2017/11/01 12:30 PM
三月うさぎ様、今晩は。
比叡山は真言宗以外の仏教の生誕地とも言えるお山。
時の天皇が鴨川の水と比叡の坊主はままならぬと嘆かれたとか。
坂本の人達は今でも信長を恨んでいるそうですが、比叡のお坊さんは宗教改革に資する所が有ったのは確かだと認めています。
延暦寺は根本中堂の地域以外の離れた所に西塔地域と横川地域があります。
広すぎるので、回るにはレンタカーを借りるしかないかも知れません。
otyukun | 2017/11/02 10:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック