京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 本願寺へお詣り | main | 今年は綺麗!大文字 >>

下鴨神社と古書市

お盆休み恒例の下鴨神社古書市に行ってきました。

神社も可成りの人出です。

こちらは南大鳥居。

 

この直ぐ側に「さざれ石」

国家「君が代」に詠われる石はこの様な石だとか。

石灰岩からなると言いますが、川の水に晒されて出来上がった岩石に見えます。

 

こちらは楼門。

 

楼門を入ると摂社などが沢山ありますが、最初に目に付いたのが「媛小松」

普通の松とは違って可憐です。

「ちはやふる 鴨の社のひめこ松 よろずよふとも 色はかわらじ」

と古今和歌集に。

日本最古の歌舞とされる「東海」の一節にうたわれているそうです。

世代は変わっているでしょうが。

 

こちらは重要文化財の「舞殿」

 

こちらの奥には本殿が鎮座します。

中門。

中は撮影禁止だそうです。

 

こちらから南大鳥居を経て馬場の方に。

お酒や甘酒を販売していたので試飲の後甘酒を購入。

 

馬場の古書市です。

毎年この時期の恒例となった古書市、近在の古書店が沢山出店します。

古来より育まれた「糺の森」に囲まれた風情ある市。

真夏の太陽が照りつけても木陰が遮ってくれます。

言わば木立のトンネル。

13日は可成りの混み様だったとか。

 

ここで面白い看板を見つけました。

高齢の方しかご存じないかもしれませんが「トニー谷」を模したもの。

「何々ざんす」を連発、大きな古いそろばんを弾き、ギター代わりにして歌謡番組の司会をしていました。

左京区の萩書房さんの看板です。

おまけに「Welcome! to Hagui Shobuow.」という迷分?も

 

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

下鴨神社は大好きな神社です。
とりわけ糺の森の朝は、心が洗われるような気がします。
なんどでも行きたいところですね。

トニー谷ですか。もう知っているひとも少ないでしょうねぇ。「おそ松くん」のイヤミのモデルでもありましたね♪
三月うさぎ | 2017/08/15 3:57 PM
三月うさぎ様、お早うございます。
うさぎ様は下鴨神社にご縁が深かった筈でしたね。
私の小さい頃は怖くて近寄り難かった印象があります。
清水寺の森は遊び場だったんですが。

こちらの看板、出っ歯だったらイヤミのポーズ。
英文のスペルが気に入りました。
otyukun | 2017/08/16 6:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック