京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 無地の帯揚げ:特別提供ほぼ完売しました | main | 遊ワン行灯:新緑に飛ぶ >>

桜満開の朽木とひなびた小浜へ

昨日、葉桜となった京都を後に滋賀県北部の山中「朽木」へ満開になった桜を見に行ってきました。

その後は足湯もある小浜へ。

 

朽木へは八瀬大原を抜けて比良山の琵琶湖から反対側である西側を北上して行きます。

途中八瀬は桜が余り残っていませんでしたが、山中の山桜や大原の三千院付近ではまだ満開に近い桜が残っていました。

 

朽木に入るとあちこちに桜が満開の様子。

最初に気に入った場所が「キッチン四季」さんの桜。

 

山の上には植林された杉以外の場所、広葉樹林の中には山桜が見えます。

 

この後安曇川沿いの堤防に桜並木がありました。

軽トラが見えますが、これに乗ってきたおじさんは病気の枝を取り除くボランティアだそうです。

折った枝には病気で不用意に生えた枝以外の綺麗な折れ枝があり、もらってきました。

そのお陰で自宅のリビングの机は満開の桜です。

桜と桜の幹の間に棒状のなものが立っていますが、柱に電線が張られ、夜になると電気が通り猪や鹿が通行しない様にしています。

清流「安曇川」と桜。

 

ここから下流に下がるとまた桜並木です。

こちらは河原がキャンプ場になって居り車も入場可、土日になるとバーベキューを楽しむ家族連れで賑わいます。

有料からなのか、当日は人影がありませんでした。

 

国道筋から離れて朽木の温泉、スキー場、ゴルフ場へ行く道に入ると何処かの会社の施設なのか整備された綺麗な庭と茅葺きの民家があります。

こちらも桜が咲き誇っています。

 

もう少し下流にも絶景があります。

小鳥が騒がしい事。

 

この後国道33号線を経由して小浜へ。

オバマ大統領誕生の際は市をあげて祝った場所として有名になりました。

元々、古いお寺や仏像の多い土地なんですが、公開して発展する事はあまり望まない土地柄。

何回も来てお寺巡りをしています。

小浜には道の駅、まちの駅、海の駅の三つの駅があります。

道の駅には何度もきていますが、「まちの駅」は初めて。

レトロなバスはこの三つの駅を巡回する「ラウンドバス」

この向う側にレストランや観光案内所、蕎麦うどんの店などの建物があります。

こちらで昼食を頂きました。

薄味でしたが刺身も新鮮で量も多めです。

あら汁はお代わり自由。

左側に見える広場も広くイベント会場になる事が多いそうです。

そしてこの反対側にあるのが「旭座」

明治に建てられた芝居小屋を移築し再現したもの。

覗いていると中に入れてくれました。

古い木材も再利用していますが、新しい板も使われています。

土日は殆どイベントが開催されるとか。

先日は大阪の超有名な落語家も来演、五月の連休にはAKBの公演などがあるそうです。

舞台から客席。

京都にもこれくらいの芝居小屋が欲しいものです。

耐震工事中の南座と同じく補強の跡がはっきりでています。

舞台の天井は竹が組んでありました。

横の廊下は風情があります。

 

この後「海の駅」に。

御食国若狭おばま食文化館が正式名。

「みけつくに」と読みます。

三階が薬湯などの温浴施設。

お年寄りの出入りが可成りあります。

二階は若狭塗や和紙漉きに和紙の染の体験工房。

残念ながら客の姿は殆ど見えません。

一階は若狭の食文化に関する展示場。

その一階の海に面する広場に足湯があります。

手前が足湯、向う側が小浜港。

しっかり足湯で癒され帰途に。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

桜もよろしいのですが、
「旭座」に心ひかれました。床は、茣蓙張り(それとも畳)なんですね。
小学校のころの学芸会を思いだしました。
整然とした客席で観劇するのは無論悪くないけれど、
たまにはこんな小屋で、のんびり芝居など観たいものです。
三月うさぎ | 2017/04/20 12:43 PM
三月うさぎ様、今晩は。
この旭座の係の人によると全国にこの様な芝居小屋は30近くあるそうです。
以前、兵庫の出石にある永楽館に行った事があります。
規模は同じ程度でしょうか。
こんな佇まいには心癒されます。
近くにあると良いですね。
羨ましく思いました。
otyukun | 2017/04/20 8:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック