京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 工房の行灯:遊にゃんの花見団子 | main | 超可愛い半幅帯ができました >>

みやこめっせは着物花盛り

昨日は京都の伝統を紹介する常設の施設や伝統産業の展示会が行われる「みやこめっせ」に行ってきました。

目的はこちら。

産業技術研究所の創設100周年記念の作品展です。

この研究所は染色試験場が他の施設と一緒になって名前が変わった施設。

着物の染の色んな事故の原因を調査してくれる場所でもありました。

同時に後継者育成の事業も昔から続けているのですが、こちらの研修を受けるのだけでも能力基準が高いのでも有名。

その研修を受けた卒業生の作品展です。

 

実は息子が作品を出品していたので見学に行った訳です。

作品数はそれほど多くはありませんが、作品の質は可成り高めでした。

勿論撮影禁止なので撮ってはいません。

みやこめっせB1が会場でしたが、一階では京友禅手描作品展も開催。

こちらでは工房の下職の二人の職人さんが実演を公開していました。

他の催しと同時開催なので大きな会場で、着物姿のご婦人も沢山。

京都をにぎわす「なんちゃって着物」は皆無、みやこめっせの周辺でも見かける事が無いと言う快挙。

 

地下の京都伝統産業ふれあい館ではテレビで紹介された「魔鏡」や気が遠くなる様な細密な「象嵌」等の実演が公開されていました。

これには感動!!

舞妓さんの踊りも。

いつも実演されている訳ではありませんがこちらはお薦め。

知人に何人かお会いしましたが、京都市長も着物姿で各会場の視察です。

 

この後、みやこめっせ近くにある東山の錦市場と言われる「古川町商店街」に行ってきました。

日曜日の昼間とあってシャッター街に近いのですが。

細い露地の様な道。

このなかで最近開店した面白い店がありました。

ワタ-ハナ「WATA-HANA」何の店だと思います?

綿菓子の店です。

紅茶味の綿菓子を頂きましたが、結構いけます。

向いの店でちょっと一杯引っ掛けて地下鉄に向ったのですが、崩れて消える事もなく。

ただ、価格は高めです。

 

こちらは全く関係の無いハーレー三輪車、あこがれ!!綺麗です!!

神宮前通りで見かけました。

もう一つ、快晴の19日、帰宅後日没の光景が綺麗だったので撮影。

 

楽しい一日でした。

 

「遊」のちょっと良い話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック