京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 素描の風神雷神、帯を制作 | main | 猫写楽 >>

梅の名所、山城青谷へ

3月に入ったからなのか京都駅も観光客で溢れていました。

奈良線も相変わらず、伏見稲荷へ行く人の多い事。

7日は平日にも拘らずです。

 

我らは梅まつり開催中の城陽市の青谷梅林へ行ってきました。

冷たい風が強く、陽が雲に隠れると寒の戻り様な寒さです。

ここ青谷梅林の梅も遅れ気味に見えました。

つぼみは多めです。

 

その上剪定が進んだのかも知れません。

 

梅まつりの会場は丘の上、寒風に吹きさらし。

テントでは地元の産品の直売。

梅羊羹を買い、お昼用に寿司も。

その横の梅。

 

こちらではおでんやうどんの暖かものとお酒を。

前回来た時より客は少なめ、寒さのせいでしょうか。

 

古木も多いので低い樹勢ながら趣があります。

 

天を撞こうとするかの様な若い枝は勢いが。

 

紅梅は少なめ、ほんの二輪だけ。

 

紅梅を見るとパチリ。

 

こちらの農機具小屋?は健在。

 

またまた見つけた紅梅。

 

軽トラに乗った地元のおじさんが近づいてきて「こっちの梅林が一番咲いている」と教えてくれた一角がありました。

なるほど広い梅林の梅が満開です。

もう少し上から撮影出来ると良かったのですが。

ぐるっと回っても沢山咲いていました。

梅のトンネルです。

最後に大満足。

 

山城青谷駅に戻って案内のオバさんに聞いて行ったのが歩いて少しの城陽酒造さん。

試飲させて頂きました。

大吟醸の澄み切った味もさる事乍ら、味の濃い「たれくち」と言う酒を買い求める事に。

重しを掛けて最初に垂れてきた酒だそうです。

これは美味い酒、お薦めです。

 

駅に戻ると驚いた事にお年寄りのグループが次から次へと。

人の事は言えませんが、私が一番若そうに思える程。

周りを気遣う良い年寄達に見えます。

皆さん元気でホッとさせる光景でもありました。

 

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

梅の花見はいつも寒いものですね♪
なんどか行きましたが、やはり寒い。
梅林の梅は、桜とちがって、写真に撮るとどうも貧弱‥‥‥絵に描くといいのですけれどね。
背景が混ざってしまうからかもしれません。

このお酒、旨そうです。香りもよさそうですね♪
三月うさぎ | 2017/03/09 12:38 PM
三月うさぎ様、今晩は。
確かに梅見は寒い日が多いみたいです。
梅は見物用に栽培されず、梅の生産用からかも知れません。
花も小さめが多いですね。
栄養が分散しているのでしょうか。

しかし、寒い気候の中で咲く梅は桜に無い潔さと強さを感じます。

「たれくち」は美味しかったです。
持って帰れる720ml瓶ですが、次週まで半分残しました。
休みの日しか飲まない事にしているので。
次の休みが楽しみです。
otyukun | 2017/03/09 10:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック