染屋さんの趣味

  • 2016.03.06 Sunday
  • 12:05
染の工程に仕上げに蒸気を当てて巾だしや皺のばし、耳を揃える「湯伸し」と言う工程があります。
正式には「整理屋」さんと言って機械柔軟もしてくれます。
その整理屋さんの前でそのお嬢さんと同業者が談笑していました。
見ると開いた荷台にジオラマが鎮座。

春の景色で横巾は60cm、奥行は40cmくらいでしょうか。
透き通った川や白泡、畑を耕す農夫、農家には縁側で婆さんと孫に犬。


凝って凝って凝り倒した作品です。
その隣に夏のジオラマ。

川では子ども達が裸で川遊びの最中。

線路のレールは茶色のクレパスを砕いて接着、錆を表現しているのだそうです。

ホームセンターで見つけたものを巧く転用したり工夫の賜物。

同じ染屋なんですが、良い趣味です。
自宅には嵐電などの模型も走り回るジオラマがあるとか、昔はあこがれでした。
家の中のいくつもの部屋を回る列車の模型。
男の方には憶えがあるのでは?

4月には梅小路公園に鉄道博物館がオープンしますが、大きなジオラマもあるそうです。
コメント
ジオラマって、わくわくしますよね。
やったら絶対はまってしまうと思っています。
「幸い」家が狭くて、こうしたスペースが作れません。
そうでなったら‥‥‥♪
  • 三月うさぎ
  • 2016/03/06 1:12 PM
三月うさぎ様、今日は。
お互いに昔は男の子だったんですね。
夢でした。
置き場所の問題が全てですね。
だだっ広い使わない空間があればです。
凝り始めたら手が付けられなくなるのは良く分かります。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM