京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< それからの | main | 三つ参り着物とお母様の帯が >>

夕日ヶ浦温泉:花ゆうみ

最近の温泉巡りはホームグランドにしている市内にある「竹の郷温泉」か少し足を伸ばして「スプリング日吉」それに「綾部温泉」しか行っていませんでした。
今回は久しぶりに少し遠出、京都でも北の端になる京丹後市の網野町浜詰にある「花ゆうみ」に行ってきました。
夕日ヶ浦という久美浜の小天橋から伸びる長大な砂浜の東端、夕日の名所にあります。
数年前に同じ夕日ヶ浦の温泉に一泊した時、その施設の美しさが気になっていた所です。
入口から入るとこんな廊下に。
導入口でも風情があります。
敷地は広くこんな噴水まで。

建物の一部。

実は駐車場に観光バスが三台、この棟で食事をされている団体がありました。
嫌な予感がしたのですが、バス旅行の昼食でのお立ち寄りだけなのかも。
噴水に繋がる川も流れています。

その反対側にはグランドゴルフの施設が。

これだけでスケールの大きさが分かります。
施設の中はこちらのホムペからご覧下さい。
http://hanayuumi.com/
誰も居ない男性の更衣室を撮りました。

窓の向う側は露天風呂の敷地の一部。
温泉に入っていたのは一人だけ、後から二人程入れ替わりましたが。
家内の入っていた女湯は家内一人だけだったそうです。
室内の浴槽は大浴場が一つ、ジャグジー付でもう一つ小さめの泡風呂、サウナに水風呂です。
露天風呂が広大な敷地にあって開放感は今までで一番。
寝湯も併設。
そして岩から滝が。
外から撮影しました。

露天風呂の屋根、向う側が女湯の方になります。
食事は私は一番人気の海鮮丼、家内は穴子の一本揚げ丼。
これで腹一杯に。
帰りは丹後半島一周して。
冬にしては穏やかな海で、くだけ散る波はありませんでしたが一枚だけ。


「遊」の独断採点
泉質:6(すべすべではないけれど後から感じる肌の心地良さは◯)
設備:8(広大な露天風呂の敷地は開放感抜群、滝もグー。もう少し種類があれば最高)
接客:8(べたべたとしていないけど自然な接客は心地良い)

ちょっと遠征した甲斐がありました。
年喰って豪華な旅館の夕食は食べきれません。
量を減らした年相応の食事が出来る温泉旅館に行ってみたいものです。
「遊」の温泉めぐり | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

日帰りでいかれたのでしょうか?
気軽にこんな旅ができるのは、土地柄ですね。うらやましい限りです。
三月うさぎ | 2015/12/23 12:44 PM
三月うさぎ様、お早うございます。
日帰りです。
車の都合もあったのですが、旅館の一泊二食で出てくる食事の量が食べきれないので、この所旅館は余り使いません。
朝だけや素泊まりの場合が増えています。
京都には温泉は出ないとされてきたのに、ボーリングのや地質調査の技術が上がったのか市内あちこちに。
住まいの隣にも出ていますが、こちらは行った事がないのです。
かつての名所、越前など人が減っていますね。
otyukun | 2015/12/24 6:58 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック