七つ参り兼用の十三参りの着物

  • 2012.06.17 Sunday
  • 11:47
JUGEMテーマ:ファッション
十三参りは京都から始まったもので、七つ参りの江戸圏から始まった風習と同様全国に広まりつつあります。
工房のお客様でも関東圏からの注文も増えてきました。

着物は魔法の衣装
十三参りの着物を容積が倍以上はあろうかという親御さんが着用し、違和感無しに着用されて驚いた事があります。
今回は逆で十三参りの着物を作っておいて七つ参りに流用しようと言うものです。
関東圏、千葉在住のお客様が工房に立寄られてのご注文。
千葉に帰られてからメールのやり取りで色柄が決まって行きます。
工房の用意してある十三参りのサンプルからではなく、振袖からの変更を希望されました。
こんな振袖です。
振袖:立ち上がり枝垂れ桜
右下から立上がった枝垂れ桜ですが肩から枝垂れる様に雛形を作りました。
ご希望のブルー地で。
雛形
雛形なので一部しか色を入れていません。
お嬢様の体型が十三歳ならこれ位だろうというかなり大胆な寸法取りで着物を作るのです。

出来上がって半年、何はともあれ、十三歳用の着物が現在数え年七歳で着用出来るのかが心配でした。
心配は杞憂、上手くいきました。
七つ参りの記念写真です。
七つ参り着姿
もう一枚。
七つ参り着姿2
無茶に可愛いですね。
肩揚げはお母様が自ら、腰揚げは着付師が着付けの際に。
背が高そうに見えますが、細身の体型なので数えの七歳でも小さめです。
この着物は十三参りを超えて成人式前迄着用出来ると思います。
もし、予想を超えて大きくなられても仕立て直しが効く様に柄付けしているのです。
桜は白、赤、摺疋田の三色、シンプルですが豪華。
沢山の道行く人から賞賛を頂き鼻高々だったそうです。

現在同じコンセプトで七つ参りに着用出来る十三参りの着物を製作中。
柄は工房のホムペにある「吊り雛」文様。
ご覧頂く事があるかも知れません。

この記事もメルマガ用に暖めていたものですが、メルマガの大量写真掲載が出来ない事態に、小分けしてブログに掲載しています。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
着付け教室に行かなくても初心者が自宅でわずか1週間もあれば着付けを 習得してしまう門外不出の着付け法をお教えします。
  • 7日間着付け習得プログラム
  • 2012/07/04 9:15 AM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM