今年も紅葉の花の寺と大原野神社

  • 2010.12.01 Wednesday
  • 08:15
JUGEMテーマ:旅行
昨日、今年の紅葉の掉尾を飾る花の寺と大原野神社に行ってきました。
今年は紅葉の出来が良かったと言う事ですが、時期も早めに推移した様でここ数年が遅れがちだったのが違っています。

本来西山方面で京都市内では一番南になる花の寺(勝持寺)は十二月になっても紅葉は盛りのままだったのです。
ですが、今年はもう終盤を迎えている様です。
それでもまだこれから紅葉を迎える変色しかかった抹茶色の葉も結構残ってもいます。
落葉した紅葉も沢山有って結構長く赤い色を楽しめたのが分かります。

それではお楽しみ下さい。
花の寺01
これは入口となる山門代わりの仁王門。
右側の仁王さん、可哀想に右手の手首がありません。

この勝持寺の創建は西暦680年、役の行者が天武天皇の勅によってなされています。
その後最澄に寄って再建されました。
応仁の乱で殆どの伽藍が焼失しましたがこの仁王門だけ兵火を免れたとか、この寺最古の建築物です。

境内に入る前の参道。
何時見ても風情があります。
花の寺02

庫裏が新築されていました。
他にも修復すべき所が沢山あるお寺ですが、有名な割に足の不便が観光客の数を増やせないのだと思います。
花の寺03
さあ境内の中へ
花の寺4
この寺は秋の紅葉と春の桜が超有名。
桜はこの寺で得度した西行法師が手植えした西行桜が始まりだとか言われますが、西行法師自身の和歌にこの寺の桜に沢山の人が集まったというものがあります。
つまり、西行法師以前に桜の名所だった様です。
花の寺5
この寺の樹木の90%は桜ともみじ。
桜ともみじは半々、枝振りしか見えない物は殆ど桜です。
この向こう側に見える池は「冴野の沼」
この池も和歌の歌枕に詠まれています。
花の寺6
紅葉の境内見所はまだまだ。
花の寺07
樹皮が白くなっているのは桜。
もみじの種類も多彩で色や形も沢山有るのがわかります。
花の寺08
前回着たのは春、桜が美しかったのですが、カメラの不調でブログの掲載が出来ませんでした。
それに大きな猿が出現、観光客の持っているコンビニの袋をひっさらっていきました。
花の寺09
撮影すると必ず桜の木が入ってしまいます。
それ位多いのです。
花の寺10
右下の竹囲いは桜の根を保護するする為のもの。
石垣に出来た苔の深い緑と紅葉の赤さが良い色合いとなっています。

面白い建物を見付けました。
何回も来ているのに気が付きませんでした。
茶室です。
花の寺11
これはかなり傷んでいます。
良い風情なのに勿体ない。
障子は破れ、壁は朽ちています。
何とか修復して欲しいものです。
修復して欲しいものはこちらにも。
花の寺12
右側の建物。
春に来た時にお茶を頂きました。
この建物にも、あちこちに修復の必要な所がありました。
何とか頑張って貰いたいものです。
こちらは不動堂。
花の寺13
弘法大師の眼病退散の祈願によって彫られた不動明王が安置され、以来諸病平癒の霊験あらたかな不動明王として信仰されています。

花の寺のお隣は大原野神社。
この神社は奈良の春日神社から勧請して創建されました。
藤原氏の厚い保護の元に繁栄した神社でもあります。
創建は西暦784年。
藤原氏はこの神社に女子が生まれると皇后や中宮になれる様祈願し、叶うと行列を組んで参詣するのが習わしであったとか。
業平もこの神社を題に和歌を詠んでいます。
参道の鳥居。
花の寺14

奈良の猿沢池を真似して作ったと言われる「鯉沢の池」
花の寺15
今日はこの池の横にあるお茶屋さんで昼食を頂きました。
竹の皮で包んだ「キノコのかやくごはん」のおにぎり。
それに山掛け蕎麦ときつね饂飩、出てきたのは組み合わせが反対でしたが大人の対応で。
味は悪くはありませんでした。
花の寺16
大きな神社ではありませんが、紅葉はそれなりに楽しめます。
向こう側に見える「三の鳥居」に近づくと。
花の寺17
本殿周りは紅葉が冴えています。
花の寺18
なかなかのものです。
観光バスも平日ながら来ていました。

この辺り、静かで良い所です。
京都の近くにあって田舎の風情。
それに見事な歴史。
やはり京都です。
コメント
はじめまして。私もこの秋、大原野神社に行きましたが、勝持寺には行けませんでした。こちらの紅葉もきれいですね。来年は言ってみたいと思います。
当方Blogからトラックバックをさせて頂きました。よろしくお願いいたします。
  • MANTA
  • 2010/12/05 4:58 PM
MANTA様、初めまして。
ようこそ、当ブログへ。
どちらかと言えば、勝持寺の方が凄いです。
春の桜も勝持寺は素晴らしいですよ。

是非、お越し下さい。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
今年も秋が終わろうとしています。東京方面の方にはおなじみの「そうだ、京都へいこう」 でも「暑い、寒いだけで私の一年が終わるだなんて」って行ってますね。というわけで、 私も行ってきました、紅葉狩り。 紅葉がたわわに「実って」ました。訪れたのはこちら。 大
  • 海の研究者
  • 2010/12/05 4:47 PM

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM