京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

<< 京都に開花宣言! | main | カリスマブロガーとのコラボレーション >>

さよなら京都エミナース

JUGEMテーマ:地域/ローカル
  ホテル京都エミナースが二十八日で営業を終えます。
公共のホテルで正式名は「国民年金京都会館ホテル京都エミナース」

京都市内では西の果て洛西ニュータウンにあります。
京都市の計画では地下鉄東西線がここまで延伸する予定でしたが、その見込みは全くない有様で、天神川でストップ。
栄える街「洛西ニュータウン」の筈でした。
今も洛西ニュータウンは阪急桂駅からのバスが最も便利だと言う不便さのまま。
このホテルを利用する理由が見当たらないので廃館も已む無しと思われます。

ところが廃館は避けられる事に。
別の「京都コッリーナ」と言う会社が営業を続ける事になりました。
社員は引き継がれ、改装の後営業を始めるそうです。

ここの良い所は何と言っても良質の温泉。

黒地を出すのが難しいこのホテル経営、エミナースとしては最後の姿ですが、経営者が変っても続けられるのか心配です。
そこで、名残に写真を。
京都エミナース1
大規模なホテルではないのですが、マイクロバスは大きめも含めて三台あります。

結婚式場として客を集める予定だったそうで、立派な施設があります。
京都エミナース2
左側がホテル。
右側が結婚式の受付になっています。
ドレスの人形の向こう側には導入口になっているのか洒落た階段があって会場の入口はこんな風に。
京都エミナース3
沢山のお客様が居ないと様にならない大きな結婚式場に見えます。
当てが外れたのでしょうね。
この建物の向こう側に温泉とボーリング場があります。
京都エミナース4
この温泉の泉質は非常に優れていて,癒しの効果は抜群です。
温泉好きの我ら夫婦が余り来ないのは自宅から近過ぎて、温泉へ行った気分にならないからなんですが、行けば納得して喜んで帰る温泉なんです。
露天も大きめ、湯の種類やジャグジーも多め,つるつるの美肌効果も満点。
消滅しなくてホッとしています。
食事処も広め。
京都エミナース5
値段も安め。
向こう側には横になる事が出来る所もあります。
京都エミナース6
28日まで感謝デーとして入浴料¥500。
毎日来ているという近くの主婦も居られます。
この温泉の上にはボーリング場があります。
16レーンの小さめですが,当日は盛況でした。
京都エミナース7
どんな形で残してくれるのでしょうか。

営業の再開は4月22日からだそうです。
「遊」の温泉めぐり | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック