京都のそぞろ歩き情報 増えて来ました 6/28更新

  • 2020.06.28 Sunday
  • 14:37

京都の名所は徐々に観光客が増えてきました。

それぞれの施設も三密を避ける様手配されています。

しかし、飲食店での密接な飲み会が増えてきました。

若い方の感染者はそんな場所から増加傾向に。

気をつけてお回りください。

 

各施設もほぼ利用できる様になりましたが、マスク着用でないと入館出来ない所が殆どです。

 

京都市京セラ美術館(事前予約制)は予約が殺到している様です。

無鄰菴(事前予約制)、岩倉具視旧宅(事前予約制)

京都国立博物館は庭園や一部を開館、正式には7月23日から。

伊勢丹の美術館「えき」は7月1日、龍谷ミュージアムは7月11日、承天閣美術館は11月1日からとなっています。

 

重文:尾形光琳筆・秋草

8月16日の五山の送り火は各山で1〜6基のみ点灯する事になりました。

 

染工房 遊はご来店をお待ちしています。

六月の定休日:29日30日

七月の定休日:6日7日12日13日14日20日21日27日28日
臨時休業や、お客様が重なると十分なご説明が出来ない場合があります。

ご来店の際は事前のご連絡をお願い致します。

工房の定休日にご来店頂く場合、前もって早めに連絡頂ければご相談させて頂きます。

 

花便り

睡蓮:妙心寺 退蔵院、梅宮大社、渉成園、毘沙門堂、観修寺、大原野神社

沙羅:妙心寺 東林院

桔梗:盧山寺、天龍寺

紫陽花:三千院、妙心寺 退蔵院、詩仙堂、天龍寺、梅宮大社、善峯寺

蓮:天龍寺

半夏生:建仁寺 両足院、観修寺

 

掲載の行事も殆どが中止となっています。

『長期』休止日有り:お問合せを。(春秋:京都春秋事務局、協会:京都市観光協会 

〜6月30日 春の特別公開 宝厳院 500円 075-861-0091

〜6月30日 沙羅の花を愛でる会 妙心寺 東林院 1000円  075-463-1334

〜7月5日 あじさいウィーク 柳谷観音 300円 上書院公開中1000円 ホムペ

〜7月上旬 紫陽花苑開苑 藤森神社 300円 075-641-1045

〜7月12日 桔梗を愛でる特別拝観 東福寺 天得院 500円 075-561-5239

〜7月19日 初夏の特別公開 建仁寺 両足院 600円 

〜7月31日 令和の枯山水 公開 建仁寺 霊源院 甘茶 500円 FAX075-277-1118

〜9月30日 貴船の川床 075-741-4444貴船観光会

〜9月30日 鴨川納涼床 ホムペ

7月1日〜15日 風祭り 千本ゑんま堂 風鈴供養会 1000円 075-462-3332

7月1日〜31日 祇園祭 疫病退散で始まった祭ですが大きな催事は中止に

7月1日〜9月23日 嵐山鵜飼 1800円 19~21:00 075-861-0302

7月11日〜8月2日 観蓮会 法金剛院 500円 075-461-9428

 

『短期』

6月28日〜30日 茅の輪神事 松尾大社 大祓式30日16時 075-871-5016

6月30日 夏越大祓式 各神社

7月3日〜5日 祇園祭檜扇展示(1期)祇園祭ぎゃらりい 無料 075-533-9696

7月4日 七夕会 高台寺 17:00~ 500円 075-561-9966

7月7日 七夕祭 精大明神例祭 白峯神宮 蹴鞠15:00 小町踊16:00 075-441-3810

7月7日 七夕祭 松尾大社 075-871-5016

7月9日〜12日 陶器供養会 千本釈迦堂 10~20;00 075-461-5973

7月10日〜12日 祇園祭檜扇展示(2期)祇園祭ぎゃらりい 無料 075-533-9696

7月17日〜19日 祇園祭檜扇展示(3期)祇園祭ぎゃらりい 無料 075-533-9696

7月18日19日 宵宮 本宮祭 伏見稲荷大社 075-641-7331

7月19日 御田祭 松尾大社 10:00~ 075-871-5016

7月21日 ほうろく灸祈祷 三宝寺 2000円 きゅうり封じ1000円 075-462-6540

7月21日 きゅうり封じ 神光院 1500円 075-491-4375

7月22日〜24日 祇園祭檜扇展示(4期)祇園祭ぎゃらりい 無料 075-533-9696

7月23日〜8月2日 みたらし祭 下鴨神社 燈明300円 075-781-0010

7月25日26日 祇園祭檜扇展示(5期)祇園祭ぎゃらりい 無料 075-533-9696

7月31日 茅の輪神事 御香宮神社 15:00 23:00 075-611-0559

7月31日8月1日 千日詣り 愛宕神社 夜間登頂:千日分防火ご利益 075-861-0658

8月2日 きゅうり封じ 神光院 1500円 075-491-4375

8月16日 五山の送り火 各山は1〜6基のみ点火

 

京都の伝統産業に興味のある方には「京都伝統産業 ふれあい館」がお薦め。

詳しくはホムペへ。


京のピンポイントパワースポットこちら

京のご利益
京の神社、仏閣のありがたーいご利益や、変わったご利益はこちら 

京の話題:頭髪パワースポット
御髪神社(みかみじんじゃ):日本唯一の頭髪のゆかりの神社
 日本最初の髪結職:藤原釆女亮政之を祭神、理髪職のお詣りが絶えない。
 頭髪ネタの漫才師の絵馬も。正に髪頼み。
 「トロッコ嵐山」駅北側小倉池近くにあります。 075-882-9771
金戒光明寺:「アフロ大仏」五劫思惟阿弥陀仏(石仏) 
 育毛を願う人の参拝が増加、探すのは墓地が目印
 平安神宮より北東徒歩20分程度。 075-771-2204
安井金毘羅宮:境内北部にある櫛塚 毎年9月第4月曜日「櫛まつり」
 健康な髪の毛を祈願。
 八坂神社より南南西徒歩10分 075-561-5127

京都市観光協会へのお問合せ電話:075-752-0227

京都の名所・寺社のホームページこちら

京の七福神めぐりこちら

京を守護する四神
東の蒼龍:八坂神社・維新まで祗園社と称され、和歌の神様として崇められている
西の白虎:松尾大社・神泉「亀の井」は酒の元水に使われると言う酒造の神様
南の朱雀:城南宮・王朝文化を残す行事が多く、方除の神様として崇められている
北の玄武:賀茂別雷神社かもわけいかづちじんじゃ(上賀茂神社)・源氏物語にも語られる「葵祭」
別格:平安神宮・平安京を定めた桓武天皇を祭神、大内裏を復元して創建された
この五社を巡って京の霊気をお授かり下さい。

門前名物あれこれ
鞍馬寺:山椒餅(杉々さんさん堂)075-741-2155
上賀茂神社:葵餅(神馬堂)妬きもち封じ  075-781-1377
下鴨神社:豆餅(出町ふたば) 075-231-1658
上御霊神社:唐板(水田玉雲堂) 075-414-2081
北野天満宮:長五郎餅(長五郎餅本舗)秀吉命名  075-461-1074
今宮神社:あぶり餅(かざりや) 075-491-9402
知恩寺:阿闍梨餅(満月) 075-791-4121
仏光寺:赤飯饅頭(音羽屋) 075-351-5454
壬生寺;金つば(幸福堂) 075-841-1940
三十三間堂:鰻雑炊うぞうすい(わらじや) 075-561-1290
西本願寺:松風(亀屋陸奥)本願寺の兵糧  075-371-1447
東寺:どら焼き(笹屋伊織)毎月20,21,22日のみ発売  075-371-3333
城南宮:おせきもち(おせきもち) 075-611-3078
石清水八幡宮:走井餅(やはた走井餅老舗)0120-76-0154
長岡天満宮:天神とおりゃんせ(八條茶屋)合格餅  075-953-0488

京都駅ビルに関する問合せは『駅ビルインフォメーション』075-361-4401

嵯峨野トロッコ列車 075-861-7444
保津川下り 3.900円 0771-22-5846

お寺で泊まる
西本願寺聞法会館:一般ホテル並の施設食事付きでも割安:075-342-1122
知恩院 和順会館
宿坊研究会

コメント
 こんにちは。昨日は、訪問とコメントありがとうございます。今後とも、宜しくお願いします。

 それにしても、すごい情報量ですねw(゚o゚)w オオー!
お寺に泊まったりする事も出来るのですか、面白そうですね。

ただ、とても1-2日でコレだけは回りませんよね(汗;

裄雅さん、今晩は。
ようこそ、いらっしゃいませ。

着物大好きさんが大好きです。
特に着物の姿が美しい男性の着物姿を広めたく思っています。
工房は女性専用の染しかやっていませんでしたが、特にカッコいい男性の着物姿を広める為に男用の着物も作っていくつもりです。

正絹の着物を考えられる事になったら、思い出して下さい。
こんにちは、上村です。山田さんお元気ですか。
たくさんの情報を載せていただいて有難うございます。振袖みたい!!です。
遊さんの工房の様子を取材した私のブログに、フランス人が、"この着物がすばらしい"とコメントを書いてくれましたのでご報告しますね。なかなか行けないんですがまた伺いますね。寒いので皆様お体に気をつけて下さい。
  • 上村久美子
  • 2011/02/06 9:53 AM
上村さん、今晩は。
元気にやっています。
フランス人が英語のブログにコメントをしてきたのですね。
珍しい事です。
英語が話せても話せない素振りをするのがフランス人と思っていました。
フランス人はアメリカ人より日本の文化に興味を持ちますね。
ドイツ人も含めてヨーロッパは芸術に関心がある様です。
又暇を見つけて工房へ遊びに来て下さい。
昨日の卒業式&謝恩会の様子です。
http://d.hatena.ne.jp/YOU3554/20110324

袴姿の女学生のイデタチも、時代と共に変わるようです。
hiranoさん、今晩は。
振袖に袴が一般的ですが、無地は珍しいですね。
フォーマルとしても良いと思います。
袴もぼかしになってお洒落です。

hiranoさんの大島のアンサンブルもお似合いです。
恰幅が合ってなかなかのもの。
着物を着ると、同僚の外人連中だけでなく、
実母にまで「Oh! スモー・レスラー(相撲取り)」と感嘆の声があがります。
染物はともかく、45cm幅の織りの反物を探すのは、結構、大変です。
  • hirano
  • 2011/03/26 11:27 AM
確かに立派な体型で、間違われても仕方ないかも知れません。
工房でも関取の着物を染める事があります。
しかし、45センチの生地は使った事はありません。
袖なんか襠を作って継ぐ事になっています。

45センチの生地で着物を作るのは可成りの贅沢。
別織しなくては手に入りませんからね。
京都にも色んな巾の生地を切り売りしている店があります。
三浦清商店と言いますが、そこなら仕入れであるかも知れません。
切り売りですから少し割高かも知れませんが。
ネットで検索すれば直ぐに分かります。
自宅まで送ってくれる筈です。
深緑色の色紋付は三浦清さんで尺二巾(45cm巾)の白生地×疋分を買って染めました。
普通サイズの紋では目立たないので、かなり大き目の日向紋を入れて貰いました。
余った布は、この大島の八掛にも使用しています。知名度の割には、意外にも、高く無かったです。
披露宴(=仲人や主賓ではないもの)や式典(=入学式/卒業式)等に重宝しています。
親の年齢を考えると、そろそろ主役になる場面が近づき(喪主)、黒紋付も検討しなくては、、、です。
  • hirano
  • 2011/03/26 6:33 PM
hiranoさん、今日は。
既にご存知で、活用されていましたか。
三浦清さんには結構ネットから注文される方が多いみたいです。
ここで仕入れた麻の帯地や塩瀬を当工房で染めて欲しいと注文を頂いた事があります。
麻の帯地は手に入りにくいですが、塩瀬など普通に手に入る生地は割高ですが、それだけで商いをされているので仕方の無い事です。
店にも行きましたが、ぼろ儲けをしている様な雰囲気は全くない古いままの店舗でした。

色紋付を作られたとか。
その恰幅で色紋付は迫力あります。
披露宴なら主役を凌駕されたのではありませんか。
目に浮かびます。
m単位で買えるので、かえって、通常の1反(1疋)買いよりも小回りが利きます。そのときは、色紋付の上下(身長180cmくらい)+大島@長着に用いる八掛分とを購入し(疋1700g程度の羽二重)、紋付に大き目サイズの日向紋を入れ、指定した色に引き染めして(「後は切って縫うダケ」という状態にして)10万円チョイでしたから、寧ろ、お召よりも安かったです。
  • hirano
  • 2011/03/27 7:20 PM
hiranoさん、今晩は。
切り売りは確かに小回りが利きます。
不要な分が要らないので、特にhiranoさんの様に普通の体型でない人には便利だと思います。
着物サイズでは無理な大きさの暖簾に使おうとしましたが、予算オーバーで止めた事があります。
麻の帯地も扱って居られるので仕入れた事があります。
やはり高めで、消費者向きなんですが、種類の多さは特筆すべき物があります。
付き合いのある生地屋さんで45センチ巾の生地なんて見つかる筈がありませんからね。
無茶には高くないので消費者には喜ばれている様です。
hiranoさんには特に必要です。
こちらで…

あけましておめでとうございます。
京都はお天気にならなかったのですね。
横浜は、晴れたうえ、へんに暖かくて…。
あとがこわい…なんて思っています。
今年もよろしくお願いいたします。
長年の懸案の「羽織」、今年はなんとかお願いしたいと
思っています。また悩ませるかと思いますが、
こちらも、よろしくお願いします。
  • とんぼ
  • 2014/01/01 10:09 PM
とんぼ様、明けましておめでとうございます。
元旦は昼前位には晴間も出てきましたが、
時既に遅しでした。
変に暖かいと地震が怖いと言いますが、
京都でも暖かい一日でした。

あの羽織ですね。
お忙しいとんぼ様が時間を割くのは大変ですが、
練り上がる迄お付き合いさせて頂きます。
こちらも楽しく悩ませて頂きます。

今年一年よろしくお願い申し上げます。
早々に暑中お見舞いのお葉書を頂き、大変有難うございました。
祇園祭今年は行けなさそうなんですが、8月も、
京都は様々な楽しい行事が目白押しで、
行ってみたいと思いました。
灯篭流し、見たことないです・・見てみたいです。

台風が、どうも今晩西日本を直撃しそうですね・・
どうかくれぐれもお気を付け下さいますように。
  • 上村
  • 2018/07/28 11:50 AM
上村様、お早うございます。
台風で奈良は雨が強かった様ですね。
京都は雨は大した事はなかったのですが、夜中の風は強かったです。
それでも朝には吹き返しもなく穏やかです。
現在岡山辺り、土で埋まった所が心配です。

京都は激烈な猛暑で観光客はまばらです。
少し下がった昨日は道を歩く人も少し増えた様ですが。
気候の悪さが景気の足を引っ張っているみたいですね。

京都は行事の多い所ですから、落ちつけば楽しめます。
どうぞ、お越し下さいませ。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM