明日から恒例の三角くじ

  • 2019.10.18 Friday
  • 06:32

明日10月19日(土)から11月17日(日)まで

毎年恒例の「三角くじ」を開催致します。

 

着物・帯以外の小物500円以上お買上げのお客様に

三角くじを引いて頂き、書かれた数字の%分をお値引き致します。

 

今年は改元記念で期間を長くしました。

京都にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 

空くじ無し、お楽しみ下さいませ。

 

染工房 遊

消費税について

  • 2019.10.07 Monday
  • 11:35

10月1日から消費税が上がりました。

現在はお客様からの継続中のご注文への影響を考えて据え置きにしています。

11月1日以降の「遊小紋」「遊小紋供廖崕住飴欧蠱緤」のご注文は消費税に合わせて価格を改定致します。

今月中のご注文であれば現在の価格と致します。

 

誂えに付いては既にホムペに掲載の価格から上げさせて頂いています。

こちらは下職さんへの支払価格を直接反映しているのでご了解下さいませ。

 

染工房 遊   店主敬白

古着を作務衣に

  • 2019.09.15 Sunday
  • 06:33

工房では古着から日傘を作っていますが、作務衣の制作もしています。

仕事着として着用している作務衣は全て自家製、ご自分の古着を作務衣にというお客様も。

 

こちらはスリ剥がし?という真綿の様な紬生地を使った作務衣。

大きさ的に「小」女性用です。

 

地色は黒に近い墨色、真っ黒ではありません。

 

こちらは「中」やや大きめで男性用、袖の長さを出すために「袖襠」を足しています。

言わば足し袖。

関取の着物と同じ、仕立て直しで裄を出すために女性用でも時々袖襠を付けます。

こちらの地色は深い臙脂色。

どちらも真綿紬の風合いなので部屋着としても、ちょっと外出でも使えそうです。

どうもこの生地は既に手に入らなくなったものだとか、希少品かもしれません。

こちらは仕立て上がりを販売中、価格は9,800円。

どちらも一点のみ。

 

古着を作務衣にしたものがこちら。

大島紬でものすごい軽さ、こちらも袖襠をつけて男性用に仕立てました。

良い作務衣になりました。

古着を作務衣に加工する代金は9,800円。

仕立てたままの着物からの価格です。

税込みですが、送料は別途となります。

直前ですが錦昌亭寄席のご案内

  • 2019.05.17 Friday
  • 10:44

JUGEMテーマ:エンターテイメント

第41回錦昌亭寄席が明日、5月18日(土)午後7時開演です。

まだ少々空席があるので今からでも予約をお受けいたします。

お誘い合わせの上お越し下さいませ。

 

尚、第42回錦昌亭寄席は9月28日(土)を予定しています。

出演は桂宗介さんと笑福亭生寿さん、各二席、演目は当日のお楽しみです。

令和改元記念の催事は無事終了

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 07:55

五月五日で令和改元記念の催事は無事終了しました。

 

お陰様で在庫が無くなりかけるもの迄。

急遽制作し始めたものもあります。

 

お客様には大変喜んで頂いた様で、目出度い改元としてお役に立ったと喜んでいます。

 

これからもよろしくお願い申し上げます。

 

染工房 遊

祝 令和元年

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 00:04

 

新天皇御即位と新年号を奉祝申し上げます。

 

五日迄記念の催事を催しています。

図案料に付いてのお知らせ

  • 2019.04.07 Sunday
  • 11:27

いつも有難うございます。

 

工房では着物から小物に至るまで別柄のご注文を頂く事が非常に多くあります。

これには新しく図案を作成する必要があり、その図案代は無料にしていました。

 

この度、小物だけ図案作成料の一部をお客様にご負担頂く事に致しました。

工房作品の修正や自作の図案についてはご相談をお願い致します。

 

巾着類、トートバッグ、ネクタイ、半襟、帯揚げなど小物類。

一柄につき500円。

 

着物、帯類はいままで通り図案代を頂戴いたしません。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

染工房 遊    店主敬白

 

お問合せ

http://some-u.com/contact/

工房内を紹介します

  • 2019.03.08 Friday
  • 06:34

我が工房は京都駅近く東本願寺さんの北西隣にあります。

駅近くなので京都に来られた際はお立ち寄り頂くことも多いのですが、一度もお越し頂けていないお客様も居られます。

メールのキャッチボールで着物や小物を遠くからご注文頂きますが、工房の様子は分かりません。

 

そこで工房の様子をご紹介したいと思います。

店頭はご存知だと思いますが。

小さな京町家です。

 

入り口に近づくと。

暖簾を最近新調しました。

遊の文字は家内が刷毛で書き上げたもの。

糸目職人さんから頂いた梅を生花に。

店頭にあるコースターは絹の生地を柄と無地の両面に使います。

古着は使いません。

とんでも無いほど手間のかかったコースターが混じると、目の肥えたお客様が見つけます。

 

夜になると。

戸を開けて。

 

正面はネクタイなどを展示。

作品は全て工房で作ったもので縫製をプロに依頼するものも。

 

ネクタイの下は帯揚げ、半襟に手描き友禅の巾着。

一番下の段は家紋を崩した素描のティーマットと手描き友禅の小さながま口。

帯揚げをスカーフ代りにする方も多めです。

 

正面左側には猫ちゃんとワンちゃんの作品。

全て手描きで帆布を使っています。

正面上は弁当を包む「ランチクロス」

下に並んでいる中で右にあるのはポーチ、内側に絹の無地で二重に。

その左は動物ペンケース、裏か表にチャックがついています。

猫ちゃんやワンちゃんが中心ですが猿やペンギン、フクロウなども

その左はボトルケース

 

座敷に上がって入り口左側がこちら。

右上の方にあるのはショール。

手描きのローケツや段染めもありますが、真ん中にあるのはプリントで仕上げた宇宙柄で良く見ると土星が見えます。

 

右奥へ近づいて。

一番上はポストカードと巾着などのサンプル。

その次は使い勝手の良い和袋と袱紗。

その下は手描きの動物ハンカチ、その右はスカーフにもなる絞りのハンカチ。

その下の二段はメガネ入れや巾着類。

その左側。

上の左側は手描友禅のタペストリー、手描友禅に触れて頂く為に敢えて超安価に設定していますが、普通の人にはこの価値が分からないと思います。

それも一つの面白さです。

真ん中に「ぽーち」とあるのも手描友禅のポーチ。

お客様のご希望から生まれた作品もありますが、思い付いたら何でも作ってみます。

小物の別注も良くあります。

 

こちらを振り返ると小さな座敷。

正面は「大熨斗文様」の振袖、制作に60日以上掛かります。

その手前はローケツ堰出しのショール。

その右は蝋の線描きで総柄という凝った小紋着尺、その右は極小疋田の名古屋帯。

狭いですが、ここでお客様と応対。

鏡で顔写りの良い色を合わせるのもここで。

 

こちらから左に回ると仕事場。

三人が彩色などが出来る枠場があります。

手前の家内は宝尽くし文様の振袖を彩色中。

この枠場は20mあまりの長い反物を張る事が可能。

 

工房に入るとこの様な手描友禅の実演を間近に見る事が出来ます。

京都市内でも殆ど見る事は出来ないので希少価値があるかもしれません。

真ん中に座る息子はちょっと珍しいものを彩色中。

羽尺生地をそのまま使って着物型道中着の羽裏。

光悦垣に枝椿ですが光悦垣は金銀箔仕上げという凝ったもの。

 

小物作りをしている事もありますが、身近で友禅彩色を見る事の出来る工房でもあります。

京都駅近くでもあるのでお近くに来られましたら是非お立ち寄り下さいませ。

ご紹介感謝カード始めます

  • 2018.12.21 Friday
  • 06:41

今年はとんでもない程白生地が高騰しました。

工房でも来年1月1日より価格が変わる事は既にお知らせしています。

 

そこで同じく1月1日よりお客様を紹介して頂いた方へ、感謝の印に10%オフのカードをお送りする事になりました。

こんなカードです。

 

着物類の染めでお客様をご紹介頂いた方にその都度送らせて頂きます。

カード一枚でお一人様、一度、1点とさせて頂きます。

振袖、訪問着、小紋、道行、帯などの染め加工代が対象で、小物の場合は点数制限なしとします。

期限はありません。

 

仕立て代や袋帯、裏物などの仕入れ品、送料などは対象外です。

遊小紋、遊小紋供⊇住飴欧蠱緤は特別に仕立上り総額が対象となります。

詳しくはお問い合わせ下さいませ。

 

染工房 遊  

2019年元旦より価格改定を行ないます

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 06:57

白生地の値上がりは留まる所を知りません。

原材料である生糸の値上がりよりずっと押さえられて白生地価格ですが、溜まったマグマの様に噴火した様です。

白生地にはまだまだ上がる要素があります。

 

恐れ入りますが、一つの区切りとして来春一月一日元旦より価格を改定させて頂きます。

遊小紋、遊小紋供⊇住飴欧蠱緤の定価を7千円アップの次の価格になります。

遊小紋:仕立上り・・・・・108,000円→115,000円

遊小紋供Щ杜上り・・・・128,000円→135,000円

十三参り着物:仕立上り・・138,000〜178,000円を145,000〜185,000円

となります。

 

多少、今迄の在庫の白生地がありますが、その生地を希望される場合は価格を下げさせて頂きます。

 

伏してご了解をお願い申し上げます。

詳しくは工房へお問合せ下さいませ。

 

染工房 遊 店主敬白

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

【お問い合わせ】

お問い合わせ/ご質問はHPからお願いします。
http://some-u.com/contact/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM