京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

京都のそぞろ歩き情報 また仕事です 8/15更新

終りかと思った猛暑もまだ続いています。

夜になると少しマシになった気配も。

ご夕涼みの花火は如何は風情があります。

 

明日、8月16日は「五山の送り火」天気予報は余り良くありませんが、小雨なら決行されます。

夜8時に「大文字」が着火、順に「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」が続きます。

 

私も行った下鴨神社の古本まつりは大勢の人が出かけています。

明日16日まで。

 

開場四百年の南座が耐震などの改修工事がもうじき終了。

11月には例年以外の別口で吉例顔見世興行が開催されます。

 

延暦寺の国宝殿で11月末まで秘仏が公開されます。

お坊さんも知らなかった仏像がたくさん。

信長の焼き討ちでは密かに隠されたそうです。

傳教大師大遠忌に因んで初めての公開。

 

染工房 遊はご来店をお待ちしています。

八月の定休日:12日13日14日15日20日21日27日28日(お盆休みを含む
臨時休業になる事もあり、ご来店の際は事前のご連絡をお願い致します。
お客様が重なると十分なご説明が出来ない場合があります。

工房の定休日にご来店頂く場合、前もって連絡頂ければご相談させて頂きます。

  
花見頃 

睡蓮:平安神宮、妙心寺退蔵院、梅宮大社、大原野神社、勧修寺

蓮:大覚寺、天龍寺、法金剛院、妙心寺退蔵院、勧修寺、東寺

芙蓉:天龍寺

 

京の七夕

※北野天満宮と門前界隈、上七軒、北野大将軍商店街:〜8/16日

 天満宮夜間拝観と御土居ライトアップ、御手洗川足つけ燈明神事300円

 

六斎念仏踊り 重要無形文化財
8月16日 壬生寺/精霊送り 20:30 075-841-3381
8月16日 西方寺/送り火法要 21:00 075-492-5889
8月18日 上御霊神社/例大祭奉納 20:30 075-441-2260
8月20日 干菜山光福寺/奉納 20:00 075-781-4681
8月22日 高山寺/地蔵盆19:00 075-312-2317(会長宅)
8月22日 浄禅寺/六地蔵めぐり 19:30 075-691-3831
8月22日 上善寺/六地蔵めぐり 20:00 075-231-1619
8月23日 阿弥陀寺(嵯峨)/地蔵盆 20:00 075-881-2316
8月24日 林禅寺/地蔵盆 20:00 075-801-1240
8月25日 長岡天満宮/祭礼 19:00 075-951-1025
8月25日 吉祥院天満宮/夏季大祭 20:00 075-691-5303
8月26日 梅宮大社/嵯峨天皇祭 19:00 075-861-2730
8月31日 蔵王堂光福寺/八朔祭法楽会 075-921-3625
9月2日 松尾大社/八朔祭 6:00 075-871-5016

 

夏の文化財特別公開 〜9月30日 一カ所600円 協会075-213-1717

上賀茂神社 本殿 権殿:国宝の特別公開

下鴨神社 本殿 大炊殿:国宝本殿他資料館の特別展

角屋:旧花街揚屋建築(重文) 西郷や新撰組利用 古文書も 〜9/14迄

輪違屋:現在営業中 島原置屋 15:30迄 小説の題名に

長楽館:豪華西欧別邸 御成の間 バカラ:シャンデリア 休止日有注意

大雲院 祇園閣:祇園祭の鉾をモチーフ 八坂神社から直ぐ

旧邸御室:双ヶ丘北側 純和風建築 有形文化財 11:00~

旧三井家下鴨別邸:主屋二階 〜8/28迄

 

『長期』休止日有り:お問合せ下さい。(春秋:京都春秋事務局

〜8月16日 春のいけばな展 池坊会館 500円 075-221-4550 

〜8月18日 燈明会 高台寺 日没〜 075-561-9966

〜8月19日 早朝開園 京都府立植物園 075-701-0141

〜8月26日 KID'S ACADEMY 東急ホテル 仕事体験(有料 ホムペ

〜8月31日 百鬼夜行展 高台寺 075-561-9966

〜8月31日 夜間延長 京都水族館 受付19時迄 075-354-3130

〜9月2日 金魚遊び 京都水族館 見る知る感じる 2050円 075-354-3130 

〜9月9日 二の丸障壁画 二条城 +100円 075-841-0096

〜9月23日 嵐山の鵜飼 1800円 075-861-0302

〜9月23日 高雄の川床(夜) 昼は~11/30 高雄保勝会

〜9月30日 鴨川納涼床 

〜9月30日 貴船の川床

〜9月30日 二条城の朝御膳 清流園  3000円要予約 075-551-1203 

〜9月30日 芸舞妓の装い展 伝統産業ふれあい館 URL

〜11月3日 300年祭洞窟内陣参拝 狸谷山不動院 500円 075-722-0025

〜11月30日 傳教大師大遠忌 秘仏公開 延暦寺国宝殿 077-578-0001

〜12月16日 まいまい京都 市民ガイドツアー 2500円〜 URL

9月1日〜12月16日 秋の特別公開 大徳寺 真珠庵 1200円 春秋075-231-7015

9月7日〜23日金土日 秋の夜の観月茶会 高台寺 6000円要予約 075-561-9966

9月15日〜11月25日 秋の特別公開 聖護院 800円 075-771-1880

9月20日〜11月25日 秋の特別公開 東寺宝物館 500円 075-691-3325

9月25日〜12月15日 秋の特別公開 相国寺 800円 075-231-0301


『短期』

〜8月16日 お精霊迎え 送り 千本閻魔堂 14日9:00六斎念仏 075-462-3332

〜8月16日 盂蘭盆万燈供養会 壬生寺 日没〜 075-841-3381

〜8月16日 千日詣り 清水寺 400円 宵参り併催 075-551-1234

〜8月16日 古本まつり 下鴨神社 075-574-1897

〜8月16日 万燈祭 車折神社 紙灯篭500円 075-861-0039

〜8月16日 東大谷万燈会 大谷祖廟 一燈2500円 075-561-0777 

8月16日 送り鐘 矢田寺 8~20:00 075-241-3608

8月16日 五山の送り火 大文字20:00点火 075-343-0548

8月16日 灯籠流し 嵐山渡月橋 灯篭1000円 19~21:00 080-5307-1060

8月16日 灯籠流し 広沢池 遍照寺 灯篭1000円 19:00~ 075-861-0413

8月16日 万灯会 六波羅蜜寺 16:30~ 075-561-6980

8月19日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 舞妓午後三回 職人実演 075-762-2670

8月20日 宵弘法 大覚寺 大沢池 拝観無料 17:00~ 075-871-0071

8月23日 里山マルシェ 二条城 北山産品販売 075-222-3049

8月23日24日 千燈供養 化野念仏寺 1000円 17:30~20:30  075-861-2221

8月23日〜25日 愛宕古道灯し 化野念仏寺 ~21:00 075-871-1985

8月26日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 芸妓午後三回 職人実演 075-762-2670

8月30日 里山マルシェ 二条城 北山産品販売 075-222-3049

9月2日 八朔祭 松尾大社 10:00~ 女神輿8:30~ 075-871-5016

9月9日 重陽神事と烏相撲 上賀茂神社 075-781-0011

9月9日 重陽祭 車折神社 舞楽 菊酒 075-861-0039

9月9日 御田刈祭 大原野神社 神相撲 075-331-0014

9月9日 重陽の節会 虚空蔵法輪寺 謡と舞奉納 075-862-0013

9月9日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 舞妓午後三回 職人実演 075-762-2670

9月14日15日 青龍会 清水寺 14:00~ 青龍夜叉等のお練り 075-551-1234

9月14日午後〜17日 全国梅酒祭り 北野天満宮 当日券1500円 03-6228-1183

9月15日 石清水祭 石清水八幡宮 神幸行列500人 075-981-3001

9月15日 義経祭 鞍馬寺 11:00法要 300円 075-741-2003

9月17日 萩まつり 梨木神社 俳句大会 075-211-0885

9月18日19日 例祭・献茶祭 豊国神社 18日舞楽 19日薮之内家 075-561-3802

9月19日 神苑無料公開 平安神宮 七草見頃 075-761-0221

9月21日 大般若経会 養源院 13:30~ 075-561-3887

9月21日〜23日 お砂踏法要 今熊野観音寺 八十八ケ所砂 1300円 075-561-5511

9月22日 観月会 神泉苑 船上鑑賞700円 18~20:30 075-821-1466

9月22日23日 清明祭 晴明神社 23日500人お練り 075-441-6460

9月22日〜24日 萩まつり 梨木神社 狂言等 075-211-0885

9月23日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 芸妓午後三回 職人実演 075-762-2670

9月23日 高瀬川 舟まつり 二条下ル付近 舞妓さんお茶接待

9月23日24日 観月茶会 妙心寺退蔵院 食事込9000円 075-467-1666花ごころ

9月23日24日 宙(そら)フェス2018 虚空蔵法輪寺 ホムペ

9月24日 賀茂観月蔡 上賀茂神社 17:30~ コンサート等 075-781-0011

9月24日 名月管絃祭 下鴨神社 茶席券1000円 舞楽等 075-781-0010

9月24日 明月祭 北野天満宮 075-461-0005

9月24日 名月祭 平野神社 茶席有 075-461-4450

9月24日 観月祭 松尾大社 17~20:30 1000円雅楽他 075-871-5016

9月24日 櫛祭 安井金比羅宮 午後 14:00~舞妓他風俗行列 075-561-2277

9月29日〜10月7日 神幸祭 御幸宮神社 花傘9/29 10/6 075-611-0559

9月30日 煎茶献茶祭 平安神宮 お茶二席2000円 075-761-0221

 

京都の伝統産業に興味のある方には「京都伝統産業 ふれあい館」がお薦め。

詳しくはホムペへ。


京のピンポイントパワースポットこちら

京のご利益
京の神社、仏閣のありがたーいご利益や、変わったご利益はこちら 

京の話題:頭髪パワースポット
御髪神社(みかみじんじゃ):日本唯一の頭髪のゆかりの神社
 日本最初の髪結職:藤原釆女亮政之を祭神、理髪職のお詣りが絶えない。
 頭髪ネタの漫才師の絵馬も。正に髪頼み。
 「トロッコ嵐山」駅北側小倉池近くにあります。 075-882-9771
金戒光明寺:「アフロ大仏」五劫思惟阿弥陀仏(石仏) 
 育毛を願う人の参拝が増加、探すのは墓地が目印
 平安神宮より北東徒歩20分程度。 075-771-2204
安井金毘羅宮:境内北部にある櫛塚 毎年9月第4月曜日「櫛まつり」
 健康な髪の毛を祈願。
 八坂神社より南南西徒歩10分 075-561-5127

京都市観光協会へのお問合せ電話:075-752-0227

京都の名所・寺社のホームページこちら

京の七福神めぐりこちら

京を守護する四神
東の蒼龍:八坂神社・維新まで祗園社と称され、和歌の神様として崇められている
西の白虎:松尾大社・神泉「亀の井」は酒の元水に使われると言う酒造の神様
南の朱雀:城南宮・王朝文化を残す行事が多く、方除の神様として崇められている
北の玄武:賀茂別雷神社かもわけいかづちじんじゃ(上賀茂神社)・源氏物語にも語られる「葵祭」
別格:平安神宮・平安京を定めた桓武天皇を祭神、大内裏を復元して創建された
この五社を巡って京の霊気をお授かり下さい。

門前名物あれこれ
鞍馬寺:山椒餅(杉々さんさん堂)075-741-2155
上賀茂神社:葵餅(神馬堂)妬きもち封じ  075-781-1377
下鴨神社:豆餅(出町ふたば) 075-231-1658
上御霊神社:唐板(水田玉雲堂) 075-414-2081
北野天満宮:長五郎餅(長五郎餅本舗)秀吉命名  075-461-1074
今宮神社:あぶり餅(かざりや) 075-491-9402
知恩寺:阿闍梨餅(満月) 075-791-4121
仏光寺:赤飯饅頭(音羽屋) 075-351-5454
壬生寺;金つば(幸福堂) 075-841-1940
三十三間堂:鰻雑炊うぞうすい(わらじや) 075-561-1290
西本願寺:松風(亀屋陸奥)本願寺の兵糧  075-371-1447
東寺:どら焼き(笹屋伊織)毎月20,21,22日のみ発売  075-371-3333
城南宮:おせきもち(おせきもち) 075-611-3078
石清水八幡宮:走井餅(やはた走井餅老舗)0120-76-0154
長岡天満宮:天神とおりゃんせ(八條茶屋)合格餅  075-953-0488

京都駅ビルに関する問合せは『駅ビルインフォメーション』075-361-4401

嵯峨野トロッコ列車 075-861-7444
保津川下り 3.900円 0771-22-5846

お寺で泊まる
西本願寺聞法会館:一般ホテル並の施設食事付きでも割安:075-342-1122
知恩院 和順会館
宿坊研究会

そぞろ歩き | permalink | comments(16) | trackbacks(2)

ポストカードの新作:その二

先日、ご覧頂いたポストカード新作の続きです。

 

先ずは絹の生地に和紙の宛名面を貼り付けたポストカード。

左は「遊ニャンの七福神」右は「遊ワン秋田犬」

 

こちらから手漉き和紙。

左は「遊ニャンのお母さんといっしょ」右は「遊ニャンの蘭陵王」最も知られた舞楽の定番。

 

左は「遊ニャンの発車!」右は「遊ニャンの水中遊泳」

 

左は「遊ワンのお母さんといっしょ」バーニーズの家族、右は「遊ワンのてるてる坊主」

 

左は「遊ワンの扇風機」右は「遊ワンのかき氷」

 

手漉き和紙のポストカードは税込130円、生地のポストカードは税込150円で好評発売中。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

疋田縞ぼかしのネクタイに新作

先日、手描き金友禅のネクタイの新作をご覧頂きました。

楽しくなる別注も多くありますが、こちらも大人気です。

「疋田縞ぼかし」

新色も合わせて作ったのでご覧ください。

左から1、2、3。

 

左から4、5、6。

 

左から7、8、9。

8と9は無地の疋田ですがこちらも人気のネクタイです。

 

左から10、11、12。 

疋田縞ぼかしに使用している生地は特殊な膨れの疋田地紋。

入手が難しくなって残り僅かとなりました。

 

着物生地を使用しているので継箇所が二つとなっています。

仕立ては西陣、一部手縫いで仕立てています。

価格は税込み2,300円。

お問合せやご注文はホムペのお問い合わせのページから

 

次回は手描金友禅のネクタイの続きをご覧頂きます。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

工房の行灯は遊にゃんの夏まつり

JUGEMテーマ:にゃんこ

工房の行灯が祇園祭のお稚児さんから夏まつりの線香花火に変りました。

「遊にゃん」の夏まつり線香花火、昼行灯です。

 

夜行灯。

蚊遣りから線香の煙。

涼やかな夜を迎えたいですね。

季節の移ろい | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

神式のお食い初め儀式

お食い初めは自宅でそれも身内だけで適当に行なうのが一般的です。

我が家でもそうでしたが、お客様から頂いた写真は驚きです。

神社でお食い初めの儀式をされていました。

お産まれになったのは3月、ブログでお宮参りを紹介したのは5月13日のブログです。

 

お食い初めはご出産後ほぼ3ヶ月して行なうのが普通。

普通はお宮参りに使った初着を流用するのですが、6月はもう夏。

表も下着も絽を使ってお食い初め用に別染めしました。

柄はお名前に因んだもの、配色や配置それに金銀箔もお客様のご要望に合わせています。

 

儀式がこちら。

神主がお箸で食べ物を口に。

恥ずかしながらこんな儀式があることを初めて知りました。

 

拡大です。

余り知られていませんが、こんな伝統は広く知れ渡って長く存続して欲しいものです。

 

薔薇の様なバンダナ?も可愛いですね。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ダニエル・ゲーデがBS1「奇跡のレッスン」に出演

ウィーンフィルの元コンサートマスターのダニエル・ゲーデが東日本大震災の応援ツアーで船橋市立海神小学校弦楽部を指導しました。

その様子が「奇跡のレッスン」として8月5日、NHKBS1で午後10時から10分の休憩を挟んで11時49分まで公開されます。

ぜひ、ご覧下さい。

 

ダニエル・ゲーデはニュルンベルグ音楽大学教授として数多くの音楽家を送り出す教育家。

東北大震災の被災地へのボランティア演奏会は30回を遥かに超える親日家です。

 

「最高の音楽を直ぐ側で」というコンセプトで始められた「フレンドシップコンサート」

毎年秋頃に全国ツアーがありますが、その途中我が工房に立ち寄って頂きました。

いろんな音楽家に来て頂きましたが、数年前ダニエル・ゲーデさんが来られた時の写真がこちら。

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団として。

疋田縞ぼかしのネクタイを合わせているのが「ダニエル・ゲーデ」

手前の赤い服の巨漢もピアニストですが名前を忘失。

 

ダニエル・ゲーデの左の方はチェロの世界的巨匠「グスタフ・リヴィニウス」

こちらはチャイコフスキーコンクールで優勝した方で、工房には何度もお越し頂いています。

 

フレンドシップコンサートを主催されている丸岡様と。

工房作品のスカーフを首に。

ダニエル・ゲーデさんのホムペがあります。

 

是非、この放送をご覧下さい。

「遊」のちょっと良い話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

8月の定休日のお知らせ

7月26日京都は記録的な猛暑が続いていますが、東京は涼しい風が吹いているそうです。

暫くは熱中症にお気を付け下さいませ。

 

8月の定休日です。

 

来月中頃ホームページがリニューアルする予定です。

スマホでも見やすくなると思います。

ご期待下さいませ。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

草間彌生:永遠の南瓜展へ

京都は37度、ちょっとマシになったとは言え厳しい暑さです。

祇園祭の後祭でしたが「草間彌生:永遠の南瓜展」へ行ってきました。

四条通は祇園祭の影響でまだ車の通行が不可、何故か祇園のメインストリート町家の並ぶ「花見小路」は人が少なめでした。

その内八割は外国の方。

 

花見小路の入口から南瓜のモニュメント。

会場の祇園歌舞練場は大きく分けて三つの建物があります。

 

こちらがその名の通りの「歌舞練場」

奥に大きな会場となる建物があります。

祇園の芸妓舞妓の発表会である「温習会」は耐震設備の改造でまだ別会場での開催となっています。

 

こちらは「ギオンコーナー」が開催されている「弥栄会館」

登録文化財です。

ギオンコーナーは毎日午後6時と7時の二回、約50分日本の伝統文化を紹介するもの。

芸舞妓の京舞、生田流箏、茶道、華道、狂言、文楽と舞楽。

舞楽の「蘭陵王」をこのギオンコーナーで50年演じ続けられた方が工房のお客様に居られます。

節分の懸想文売で有名な須賀神社の宮司さんです。

 

こちらが南瓜展の会場「八坂倶楽部」です。

元々、都踊りはこちらが会場、呉服問屋の売出し会場として良く使われていました。

何度も反物の横で寝起きした所です。

現在は和風な美術館に改装されています。

作品の殆どは撮影禁止でしたが、一部可能。

こちらは草間彌生さんの自画像。

 

最も大きな作品も。

巾は5mくらいあったと思います。

拡大すると。

「草間ドット」と言われるドット柄の一つ。

作品はシルクスクリーンやリトグラフが多いのですが、思いもつかない配色があったので参考になりました。

 

この八坂倶楽部には良い庭園もあります。

池には鯉も泳いでいます。

昔、クリップを釣り針にしてイカの珍味を付け掘り込んだそうです。

算盤をくくり付けていたところ、可成りの勢いで池に引き込まれたとか。

続く猛暑のせいか枯れた芝も見えます。

 

こちらは大きな南瓜のオブジェ。

周りの丸い鏡もあって長くこの部屋にいるとめまいがしそうです。

 

こちらは二階の展示室にあった舟のモニュメント。

この舟に乗って夢の世界に行くそうです。

乗ってみたいですね。

舞台の背景の松がこの八坂倶楽部の価値を表しています。

そぞろ歩き | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

| 1/165PAGES | >>