京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

酷暑の祇園祭

昨日は祇園祭の前祭、山鉾の巡行に見に行ってきました。

何ともいえない猛暑、京都は38.7度に上がったそうです。

御池通烏丸に来て待つ事30分、ようやく先頭の長刀鉾が来ました。

手前の人と向う側に5列の有料観覧席があります。

8割がお年寄りで私より上、待つ間は鉾よりこちらに居られる人の方が気になります。

 

鉾とは鎗の様な武器を長い穂先に付けたものを表します。

昔疫病が広まった時、神泉苑の池の畔に日本各地の旗に鉾をつけ無病息災を祈願したのが祇園祭の発祥と言われています。

長刀鉾の屋根から伸びる鉾はこれほどの長さです。

 

近づいて。

鉦、笛、太鼓の祇園囃子に乗って進みます。

屋根に乗るのは、昔は細い道を通って誘導していた事の名残かも。

それとも風で揺らぐ鉾を納める役かも。

鉾や山は金具を使わず荒縄で縛って組み立てますが、よく耐えられるものだと感心します。

 

長刀鉾に乗って結界を開くお稚児さん。

 

こちらは蟷螂山。

カマキリのからくり人形の動きが人気の山。

山は鉾の代わりに松の木を上にするのが定番ですが、こちらは例外の一つ。

こちらの蟷螂山はフェイスブックで動画を公開しています。

よかったらどうぞ。

こちら。

カマキリが我が身を返り見ず強大な敵に向かう勇気を誉め讃えたのがこの山の謂れです。

 

こちらは霰天神山。

五百年程前、京都の大火があった時、急な霰が振って大火が納まりました。

その時霰と共に屋根の上に天神像があったのでそれを御神体にしたのが謂れです。

左右の胴懸は上村松園さんのご子息上村松篁さんと、孫の上村淳之さんの絵を下絵に綴れ織りで制作されたもの。

どちらも金鶏鳥がモチーフです。

 

こちらも天神様が御神体。

下京区の油小路通の風早町にある油天神山。

お公家さんの風早家があった事から付いた町名ですが、その家に古くからあった天神様をお祭りしています。

通りの名前から「油天神山」に。

 

先年、大船鉾が再建されましたが、現在「鷹山」が再建されるとの事、楽しみです。

 

この後、次の山鉾まで途切れたので暑さに耐えきれず退散しました。

悪しからず。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

絽着物の着姿拝見

お客様から絽着物の着姿写真を頂きました。

その前に頂いていた写真もご紹介します。

お子様がお産まれになり、初着を染めさせて頂きそのお宮参りの写真は既に紹介させて頂いています。

その後その初着を着用された「お喰い初め」のお家族写真も頂きました。

こちらは沢山のお家族が写っているのでご紹介出来ませんが、和やかな雰囲気が嬉しくなるお写真でした。

 

ご出産後ようやく落ちついてこられ、お着物を着用される機会が出来たのでその着姿を頂きました。

お着物は御所解小紋、工房作品ではありませんが、帯は工房で染めさせて頂いた遠山ぼかし。

塩瀬に染めています。

 

こちらは笹柄の型友禅小紋に工房で染めた「ふくら雀」の染帯。

塩瀬に白糸目の手描友禅。

 

同じふくら雀の染帯に工房で染めた位置付け「梅散し」の着物で。

極軽めの着易い梅柄。

 

そしてこちらは駒絽に染めた位置付け「御所解風枝花文様」の着物。

帯は夏草、塩瀬の様です。

何れもお客様とメールのキャッチボールで一緒に作り上げた作品です。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

京都のそぞろ歩き情報 祇園祭が佳境に 7/14更新

とんでもない被害になりました。

やっと政府も動きを見せ始めています。

行政の危機感を見直すべきですが、日頃から自分の住まいの危険度と回避の方法を家族で相談し合う事が重要だと思います。

 

祇園祭は鉾は曵き始めも終り、夜にはお囃子も聞こえる様に。

山もほぼ建ち上がりました。

今夜から通りも夜間の交通規制、歩行者天国になります。

 

染工房 遊はご来店をお待ちしています。

七月の定休日:16日17日23日24日30日31日
臨時休業になる事もあり、ご来店の際は事前のご連絡をお願い致します。
お客様が重なると十分なご説明が出来ない場合があります。

工房の定休日にご来店頂く場合、前もって連絡頂ければご相談させて頂きます。

  
花見頃 

睡蓮:平安神宮、妙心寺退蔵院、梅宮大社、大原野神社、勧修寺

紫陽花:三千院

桔梗:廬山寺、天龍寺

蓮:天龍寺、法金剛院、妙心寺退蔵院、渉成園、勧修寺、東寺

 

祇園祭

宵々山、宵山の鉾周辺は歩行者天国、大勢の人で賑わいます。

前祭では露店も沢山。

地図の矢印は山鉾の進行方向、前祭は出陣、後祭は凱旋を意味します。
7/10〜14:前祭 山鉾建て 各山鉾町

7/14〜16:前祭 宵山 屏風祭 各山鉾町周辺

7/15:伝統芸能奉納 八坂神社能舞台 15:00~18:00
7/16:献茶祭 八坂神社 9:00~
7/16:石見神楽 八坂神社 18:30~  
7/16:日和神楽(前祭) 各山鉾町・四条御旅所・八坂神社 22:00~
7/17:山鉾巡行(前祭) 9:00~

7/17:神幸祭 八坂神社〜四条御旅所 18:00~
7/17〜23:無言詣り 四条御旅所 7日7晩詣でると願掛け成就するとか
7/18〜21:後祭 山鉾建て 各山鉾町
7/20〜21:後祭 曳初め・舁初め
7/21〜23:後祭 宵山 屏風祭


7/23:日和神楽(後祭)

7/23:煎茶献茶祭 八坂神社 9:00~

7/23:琵琶奉納 八坂神社 13:00~
7/23:護摩焚き 役行者山 14:00~
7/23:あばれ観音 南観音山 深夜
7/24:山鉾巡行 (後祭) 9:30~
7/24:花傘巡行 八坂神社〜市役所 10:00~
7/24:還幸祭 四条御旅所〜八坂神社 17:00~
7/28:神輿洗式 四条大橋 20:00~

7/29:神事済奉告祭 八坂神社 16:00~
7/31:夏越祭 八坂神社内の疫神社 10:00~

 

『長期』入場不可有り:お問合せ下さい。(春秋:京都春秋事務局

〜7月7日 光と京の技の饗宴 京都東急ホテル ポスター 075-341-2411

〜7月10日 桔梗を愛でる 東福寺 天徳院 500円 075-561-5239

〜7月15日 風祭 千本ゑんま堂 18:00~ 075-462-3322

〜7月31日 祇園祭

〜8月6日 二の間 竹林群虎図 二条城  8:45~18:10 075-841-0096

〜8月15日 七夕飾りライトアップ 貴船神社 075-741-2016

〜8月16日 春のいけばな展 池坊会館 500円 075-221-4550 

〜9月9日 二の丸障壁画 二条城 +100円 075-841-0096

〜9月23日 嵐山の鵜飼 1800円 075-861-0302

〜9月23日 高雄の川床(夜) 昼は~11/30 高雄保勝会

〜9月30日 鴨川納涼床 

〜9月30日 貴船の川床

〜9月30日 二条城の朝御膳 清流園  3000円要予約 075-551-1203 

〜11月3日 300年祭洞窟内陣参拝 狸谷山不動院 500円 075-722-0025

〜12月16日 まいまい京都 市民ガイドツアー 2500円〜 URL

7月15日〜8月31日 百鬼夜行展 高台寺 075-561-9966

7月21日〜8月19日 早朝開園 京都府立植物園 075-701-0141

7月後半〜8月31日 夜間延長 京都水族館 受付19時迄 075-354-3130

8月1日〜18日 燈明会 高台寺 日没〜 075-561-9966

8月1日〜11月30日 傳教大師大遠忌 秘仏公開 延暦寺国宝殿 077-578-0001


『短期』

7月15日 御田祭 松尾大社 10:00~ 謡曲奉納等 075-871-5016

7月15日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 舞妓午後三回 職人実演 075-762-2670

7月20日 お涼み 城南宮 夕〜 075-623-0846

7月20日 土用の丑祈祷会 三宝寺 10~12:00 ほうろく灸2000円 075-462-6540

7月20日 きゅうり封じ 神光院 祈祷料1500円 075-491-4375

7月20日21日 ボンジュール フランス 京都国際会館 食事花火他 075-705-1218

7月20日〜29日 御手洗祭 下鴨神社 灯明300円 075-781-0010

7月26日〜28日 盆踊り大会 西本願寺 無料 075-371-5181

7月29日〜29日 夏の夜開館 旧三井家下鴨邸 1000円ワンドリンク 075-366-4321

7月21日22日 本宮祭 伏見稲荷大社 075-641-7331

7月21日22日 きゅうり封じ 五智山蓮華寺 祈祷料1000円 075-462-5300

7月22日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 芸妓午後三回 職人実演 075-762-2670

7月22日 辨天祭 長建寺 19~21:00 075-611-1039

7月25日 鹿ケ谷カボチャ供養 安楽寺 500円 075-771-5360

7月25日 宝物虫払会 真如堂 雨天中止 9~15:00 075-771-09115

7月28日 火渡り祭 狸谷山不動院 19:00~ 075-722-0025

7月29日 京都パリ締結60年記念祭典 先斗町歌舞練場 12:30~ 075-213-8117

7月31日 茅の輪神事 御香宮神社 15 23:00 075-611-0559

7月31日 千日詣り 愛宕神社 夕刻〜深夜 075-861-0658

8月4日〜10日 京の七夕 鴨川、堀川会場 075-222-0389

8月5日 万灯会 醍醐寺 18:00~ 075-571-0002

8月6日 夏越神事 下鴨神社 18:30~ 075-781-0010

8月7日〜10日 陶器祭 五条坂 若宮八幡宮大祭 075-541-1192

8月7日〜10日 六道参り 六道珍皇寺 露店あり 075-561--4129

8月7日〜16日 お精霊迎え 送り 千本閻魔堂 14日9:00六斎念仏 075-462-3332

8月8日〜10日 万灯会 六波羅蜜寺 20:00~ 075-561-6980

8月9日〜16日 盂蘭盆万燈供養会 壬生寺 日没〜 075-841-3381

8月9日〜16日 千日詣り 清水寺 400円 宵参り併催 075-551-1234

8月11日〜16日 古本まつり 下鴨神社 075-574-1897

8月12日 万燈会 三千院 一燈1000円 参拝無料 18~21:00 075-744-2531

8月14日〜16日 万燈祭 車折神社 紙灯篭500円 075-861-0039

8月14日〜16日 東大谷万燈会 大谷祖廟 一燈2500円 075-561-0777 

8月16日 送り鐘 矢田寺 8~20:00 075-241-3608

8月16日 五山の送り火 大文字20:00点火 075-343-0548

8月16日 灯籠流し 嵐山渡月橋 灯篭1000円 19~21:00 080-5307-1060

8月16日 灯籠流し 広沢池 遍照寺 灯篭1000円 19:00~ 075-861-0413

8月16日 万灯会 六波羅蜜寺 16:30~ 075-561-6980

8月19日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 舞妓午後三回 職人実演 075-762-2670

8月20日 宵弘法 大覚寺 大沢池 拝観無料 17:00~ 075-871-0071

8月23日24日 千燈供養 化野念仏寺 1000円 17:30~20:30  075-861-2221

8月23日〜25日 愛宕古道灯し 化野念仏寺 ~21:00 075-871-1985

8月26日 匠と舞 伝統産業ふれあい館 芸妓午後三回 職人実演 075-762-2670

 

京都の伝統産業に興味のある方には「京都伝統産業 ふれあい館」がお薦め。

詳しくはホムペへ。


京のピンポイントパワースポットこちら

京のご利益
京の神社、仏閣のありがたーいご利益や、変わったご利益はこちら 

京の話題:頭髪パワースポット
御髪神社(みかみじんじゃ):日本唯一の頭髪のゆかりの神社
 日本最初の髪結職:藤原釆女亮政之を祭神、理髪職のお詣りが絶えない。
 頭髪ネタの漫才師の絵馬も。正に髪頼み。
 「トロッコ嵐山」駅北側小倉池近くにあります。 075-882-9771
金戒光明寺:「アフロ大仏」五劫思惟阿弥陀仏(石仏) 
 育毛を願う人の参拝が増加、探すのは墓地が目印
 平安神宮より北東徒歩20分程度。 075-771-2204
安井金毘羅宮:境内北部にある櫛塚 毎年9月第4月曜日「櫛まつり」
 健康な髪の毛を祈願。
 八坂神社より南南西徒歩10分 075-561-5127

京都市観光協会へのお問合せ電話:075-752-0227

京都の名所・寺社のホームページこちら

京の七福神めぐりこちら

京を守護する四神
東の蒼龍:八坂神社・維新まで祗園社と称され、和歌の神様として崇められている
西の白虎:松尾大社・神泉「亀の井」は酒の元水に使われると言う酒造の神様
南の朱雀:城南宮・王朝文化を残す行事が多く、方除の神様として崇められている
北の玄武:賀茂別雷神社かもわけいかづちじんじゃ(上賀茂神社)・源氏物語にも語られる「葵祭」
別格:平安神宮・平安京を定めた桓武天皇を祭神、大内裏を復元して創建された
この五社を巡って京の霊気をお授かり下さい。

門前名物あれこれ
鞍馬寺:山椒餅(杉々さんさん堂)075-741-2155
上賀茂神社:葵餅(神馬堂)妬きもち封じ  075-781-1377
下鴨神社:豆餅(出町ふたば) 075-231-1658
上御霊神社:唐板(水田玉雲堂) 075-414-2081
北野天満宮:長五郎餅(長五郎餅本舗)秀吉命名  075-461-1074
今宮神社:あぶり餅(かざりや) 075-491-9402
知恩寺:阿闍梨餅(満月) 075-791-4121
仏光寺:赤飯饅頭(音羽屋) 075-351-5454
壬生寺;金つば(幸福堂) 075-841-1940
三十三間堂:鰻雑炊うぞうすい(わらじや) 075-561-1290
西本願寺:松風(亀屋陸奥)本願寺の兵糧  075-371-1447
東寺:どら焼き(笹屋伊織)毎月20,21,22日のみ発売  075-371-3333
城南宮:おせきもち(おせきもち) 075-611-3078
石清水八幡宮:走井餅(やはた走井餅老舗)0120-76-0154
長岡天満宮:天神とおりゃんせ(八條茶屋)合格餅  075-953-0488

京都駅ビルに関する問合せは『駅ビルインフォメーション』075-361-4401

嵯峨野トロッコ列車 075-861-7444
保津川下り 3.900円 0771-22-5846

お寺で泊まる
西本願寺聞法会館:一般ホテル並の施設食事付きでも割安:075-342-1122
知恩院 和順会館
宿坊研究会

そぞろ歩き | permalink | comments(14) | trackbacks(2)

祇園祭セール開催します

祇園祭は鉾建てが始まりました。

工房の催事もこれに合わせてスタートします。

開催は後祭りの巡行、24日まで。

巾着やポーチ類の小物から半衿や帯揚げの着物小物を全て10%オフに。

工房の営業は16日17日23日24日が定休日となりますが、ネットからのご注文はお受けしています。

 

お問合せはホムペのお問合せページから。

またはお電話(075−344−5067)で。

 

楽しい小物の一部をご覧下さい。

手描きの「ボトルケース」1,200円が1,080円

 

現在は三重にした「メガネケース」950円が855円

 

小さな物の収納に「家紋小銭入れ」950円が855円

 

手描き友禅の「大巾着」2,600円が2,340円

 

手描きの「動物ペンケース」2,300円が2,070円

 

バッグの中の収納に便利な「和袋」950円が855円

小物でもほぼ一点のみの制作になっています。

在庫についてはお問合せをお願い致します。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

工房の行灯が祇園祭モードに

JUGEMテーマ:わんこ

大雨の大災害で被害に遭われた皆様にお見舞を申し上げます。

 

最初から、沖縄、九州に始まり近畿に伸びる帯状降雨帯がずっと続いていました。

素人の私でさえ、ひどい事になる予感で恐怖を感じていました。

京都は避難メールが続いていたので災害に対して準備と覚悟が出来ていたと思います。

対して今回の災害で政府の顔は全く見えません。

関東以外は別の国に見えるのかも。

 

祇園祭は日本各地の庶民の安寧を願う為に沸き起こったお祭り。

亡くなられた方の鎮魂と被害に遭われた方の復帰を祈願するのです。

京都は既に祇園祭が始まっています。

10日からは鉾建て、神輿洗い等大きな行事があります。

 

工房の行灯も「遊ワン」の祇園祭のお稚児さんに。

昼行灯。

巡行の先端、長刀鉾のお稚児さんが本物の日本刀でしめ縄を切る場面です。

ここから神域に入ります。

 

夜行灯。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

不明の方が早くご家族の元に帰られます様お祈り致します。

家が流されたり、泥で埋まった方が一日でも早く元の生活に戻れます様お祈り致します。

季節の移ろい | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

京都鉄道博物館に

JUGEMテーマ:旅行

念願の京都鉄道博物館へ行ってきました。

夏休み前の平日ではありましたが、結構な人出。

入口はシンプルでモダン。

入ってすぐは「プロムナード」と呼ばれた序章の様な所。

早速、蒸気機関車のお出迎えです。

C62型で日本最大の旅客用蒸気機関車、東海道本線や山陽本線で使われました。

その横に並んでいたのが戦後初に登場した電車「クハ86型」長く活躍したので憶えて居られる方も多いかと。

向う側がご存知初代新幹線の「〇型」、当時世界最速の時速200キロ以上で営業運転し世界を驚かせました。

 

次に本館へ。

こちらは230型、国産で初めて量産された蒸気機関車。

車輪や車軸等一分は輸入品ですが、大半を国産技術で開発されました。

現存最古の国内量産型蒸気機関車として重要文化財に指定されています。

綺麗に修復されています。

 

当日は見事な暑さ、先ずはレストランでビールという事に。

そのレストランからの眺めです。

東寺の五重塔と700系の新幹線。

こちらは東山から京都タワー、梅小路公園の森の手前を走る嵯峨線の電車。

この電車は北に進路を変えている所。

レストランのメニューは相対に若い人向き、年令の高い人は選びにくいかも。

 

軽い食事の後、ジオラマに。

ストロボ撮影は禁止だったので列車の動きに合わせて何とか一枚。

ドクターイエローです。

 

運転シュミレーターがありました。

10台くらい並んで皆さん真剣そのもの。

抽選で可能だそうでしたが、時間が掛かりそうなのでパス。

 

私が一番好きな新幹線の列車がこちら500系。

最も美しいと言われています。

当時世界最速の300キロの営業運転をした事でも知られています。

速度のためか車高が低く、室内は狭めでした。

 

右は特急の代表的な形のクハ489型、雷鳥。

左は座席寝台共用設備を持ったクネハ581型、月光。

寝台特急というのは広くて豪華だったので憧れでもありました。

 

こちらは蒸気機関の原型。

ワットが発明したものを国鉄鹿取工場で再現せいさくしたもの。

蒸気機関車の原理となりましたが、他にも色んな工場で活躍する事に。

 

1804年世界で初めて16キロの距離を4時間かけて走らせた蒸気機関車の模型です。

 

英国で1825年初めて営業に使われた蒸気機関車、当時は馬車と併用されていました。

 

ロシアやアメリカから蒸気機関の模型が届くと各藩が研究を開始しました。

こちらは佐賀藩が精練方に命じてつくらせた模型。

試運転もしたそうです。

福岡藩や長州藩も続いたとか。

 

年令の高い方なら殆どの方が見覚えのある電気機関車「電関」と言っていました。

前後に突き出たデッキが特徴、EF52型。

国産初の大型電気機関車です。

 

明治13年に開通した京都〜大津間の勾配区間で使用するためイギリスから輸入しました。

非常に優れた性能だったそうで、昭和39年まで東レの滋賀工場で働いていました。

1800型キットソン蒸気機関車。

 

〇型の次に使われた100型新幹線。

この形も見なくなりました。

 

EF66型電気機関車で力強く高速の貨物列車だけでなく、寝台特急も牽引。

こちらは下から構造が見えます。

モーター。

 

先程の雷鳥と同じ型の「こだま」

運転席に入れます。

何故か貧相な佇まい、これが特急の運転席とは思えない程。

家内が手にしているのがブレーキレバーですね。

 

すぐ横で〇系新幹線の運転席が見れました。

プラスチックで蓋をしていますが、一時代の違いを感じます。

スイッチ類は可成り少なめ、自動運転が進んでいたのでしょう。

それでもまだ「ダサイ」ですね。

 

こちらから表へ出て「扇形車庫」へ

圧巻!!

20台の蒸気機関車が置かれています。

こちらは有名な義経号。

北海道初の鉄道に使う為アメリカから輸入された機関車。

現在も石炭と水で走行出来る様修復されています。

御用列車としても使われたC58型蒸気機関車。

実際に石炭を焚く場合の為に煙を集める装置が上に。

写真の横に置いてある金属製のバットは差したオイルが垂れてくるからだと思います。

 

こちらはC55型。

並ぶと壮観です。

 

こちらが回転台。

短い距離ですが蒸気機関車の列車に乗る事が出来ます。

梅小路公園の横を往復するスチーム号。

動き出した所で下から蒸気を吐き出しています。

待っている間煙突からは可成りの煙、一台でこれですから風情があると言っても全ての列車がこれだと肺炎に掛かりそうです。

 

この博物館の出口になっているのが嵯峨線の旧二条駅舎。

カメラを構えているとガードマンは見えにくい所に移動してくれました。

 

入場料は1200円、スチーム号は300円です。

堪能して楽しめます。

そぞろ歩き | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

7月の定休日のお知らせ

遅くなりましたが、7月の定休日のお知らせをいたします。

よろしくお願い申し上げます。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

帯揚げの新作ができました

JUGEMテーマ:ファッション

染分、水玉、段の帯揚げに新作ができました。

工房内で染めています。

制作はそれぞれ一点のみ。

 

先ずは左右に染め分けた二色の帯揚げ。

卯の花色に若苗色、象牙色に白藤色。

蒸栗色に臙脂色、空鼠色に灰白色。

 

次は水玉、摺りで染めつけています。

地色は全て生地白。

檸檬色と藤色。

 

こちらは山吹色と紅緋色。

 

次は段染め。

晴れやかな臙脂の濃淡とグレー濃淡。

 

鳥の子色、浅紫、銀鼠の染分と紺桔梗、灰青、薄香色の染分。

 

価格は二色の左右染分は3,500円、摺りで染めた水玉は4,800円、三色の染分段は5,800円です。

他に在庫も揃えていますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ソールドアウトの際は別染致します。

お問い合わせはお電話(075-344-5067)か、ホムペのお問い合わせのページから。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

| 1/164PAGES | >>