京町家 染工房 遊 遊そぞろ・blogのページです。メインコンテンツにジャンプします。

遊そぞろ

京町家 染工房 遊のブログ

あなただけの一枚をつくってみませんか?お気に入りの一枚を染工房 遊がおてつだいします。京町家 染工房 遊

<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ここからメインコンテンツです。

遊そぞろ遊そぞろ

行灯:遊にゃんおこたでのんびり

「おこた」をご存知?

多分、京言葉だろうと思います。

炬燵の事。

椅子文化になって減っているそうですが、良いものです。

工房の行灯が変わりました。

「遊にゃん」の「おこたでのんびり」です。

昼。

 

夜。

窓を開ければ雪、開けている筈はありませんが。

大雪であったり、雪国の人の生活は大変です。

しかし、久しぶりの雪となると心ときめきます。

大いなる白が混濁を覆い尽くすからでしょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2月の定休日のお知らせ

2月の定休日をお知らせ致します。

 

 

このお知らせは前月中頃過ぎに配信して居ります。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

雪の女子駅伝

15日は広島から岐阜辺り迄大雪、京都も朝までに13センチの積雪。

その上、日中も雲が通れば雪が降っていました。

折返し地点は京都でも雪の多い岩倉、ネットでも道に積もった雪が配信。

全国女子駅伝も中止になると思ったのですが、除雪車が出た様で昼前には開催が決定。

スタートの西京極陸上競技場も住まい近くなので雪道を顧みず行ってきました。

 

途中のご家庭の庭にこんな景色が。

秋の柿、冬の雪、春の梅が一つの絵に。

 

北野天満宮横を通る事で付いた名前の天神川の橋から北山の雪が見えます。

 

西京極運動公演の樹木は雪国のそれ。

風雪にまみれ雪がへばりついています。

強い風と雪は一晩中続いたのかも。

西京極運動公園の通路は女子高生や関係者のボランティアがスコップ等で除雪したそうです。

陸上競技場の座席もこの通り。

 

さあ!スタートです。

赤いジャケットを着たスターターは京都府の山田知事。

コースの雪は除雪されていますが、他はそのまま。

選手が一周します。

そしてロードに。

 

選手の様子は大きな画面で中継されます。

 

公園の敷地内では、全国各地の県人会がテント小屋を建て名産品を食べさせてくれます。

雪で客は可成り少ないと思っていましたが、なかなか。

北海道のホットワイン、福島の牛と地鳥の串焼き、岩手のぜんざいとホタテ焼、熊本のラーメン、宮崎の焼酎を頂き腹一杯に。

土産に宮崎の焼鳥、これも絶品でした。

 

食べて帰宅し、テレビ観戦。

ご覧になった通り、中途は大雪で凄いレースに。

京都の優勝でしたが、勝負はトラックに持ち込まれる大接戦。

次回はゴールの瞬間を競技場で見たいと思ったものです。

 

そぞろ歩き | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

モダンを表現:ローケツ堰出し

三纈(さんけち)をご存知でしょうか?

纐纈(こうけち)、夾纈(きょうけち)そして痳髻覆蹐Δ韻繊砲任后

奈良時代の御物を保存してある正倉院に残る古代の染の種類。

それぞれ、絞り、板締め、ローケツの事です。

手描友禅よりずっと昔からあった染め技法です。

 

その中のローケツの一つの技法が「堰出し」で、一昔前小紋で全盛期を謳歌していました。

所が需要の減少で真っ先に消滅の憂き目にあったのがこの堰出し。

現在、その職人さんは激減し、その作品をご覧になる機会は余り無いかと思います。

 

先ずこれをご覧下さい。

けっこうモダンです。

ローケツの堰出し技法で染めた小紋。

動物を隠し絵に。

一度染めてから再度堰出しして濃い色を染めています。

柄違いで葉をモチーフに色はほぼ一緒。

正倉院時代の蝋は蜂の巣から採取した蜜蝋、超高級品でした。

現在でもインドネシアのバティックで使われています。

昔使った事がありますが、少し混ぜるだけで甘い香りが漂う程。

 

堰出しでこんな柄の小紋も。

耳の線は金泥描き。

こちらは同じ動物ながら猫を蝋の伏せで表現した小紋。

髭を金で。

縦の縞に見えるのは生地の地紋です。

 

蝋の堰出しは伏せた片面だけ染め上げるので堰出しと名づけられています。

蝋を揮発水洗で除去すると跡形も無く見えなくなるので、そこに阿呆、馬鹿と書いても残りません。

蝋描きしている所。

大きな刷毛で染めるので白く残す所は全て伏せています。

線で見えているのは金糸目です。

こちらの染め上がりがこちら。

柄の送りがもの凄く長いのでほんの一部ですが、上の加工現場写真と重なっています。

上の写真に見える糸目の線を使って彩色友禅した小紋です。

 

堰出しの小紋でこんな柄も染めました。

葉だけローケツの堰出しで、葉脈、枝、実は素描で仕上げています。

 

白地の帯で、写真を素材に模写して欲しいとの注文で染めたものがこちら。

赤い薔薇。

 

こちらの帯は昨年11月の催事でご覧頂いた柿を意匠化した帯。

 

日展での染色作品は殆どが蝋の堰出し技法で染められています。

ローケツの初心者が一番最初に始めるのが堰出しですが、その技術の高さが丸見えなのも堰出し。

技術の高さが分かる人も同じ様に減ってきたのは残念な事です。

 

こちらも染帯ですが一部、菊の葉を蝋の堰出しで染めています。

白抜きして逆堰。

菊の花びらは先が開いていますが素描ならではで、友禅では染液が漏れるの閉めないといけません。

 

蝋の堰出しは古典柄も少しモダンに、現代柄ならもっと個性を発揮出来ます。

糸目友禅以外でも面白い技法があるのです。

染遊々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

京都のそぞろ歩き情報 暖かいお正月でした 1/10更新

珍しく好天の暖かいお正月でした。

この冬は雪が多いとの予報でしたが、大きく変更された様で、暖冬の気配だそうです。

冬は冬らしいのが色んな巡り合わせでは良いのですが。


染工房 遊はご来店をお待ちしています。

1月の定休日:10日15日16日17日24日30日31日
臨時休業になる事もあり、ご来店の際は事前のご連絡をお願い致します。
お客様が重なると十分なご説明が出来ない場合があります。

工房の定休日にご来店頂く場合、前もって連絡頂ければ応談させて頂きます。

花見頃 

千両・万両:實光院、詩仙堂、大徳寺高桐院、青蓮院

不断桜:實光院、妙蓮寺

椿:寂光院、城南宮

 

特別公開 拝観停止日有り

大徳寺聚光院 〜3月26日 創建450年記念 予約優先 春秋事務局075-231-7015

建仁寺 両足院 〜1月29日 12/30 31 1/6休 600円 075-561-3216

醍醐寺霊宝館 〜2月28日 600円 075-571-0002

 

都 七福神めぐり 〜1月31日

お軸、護符、宝印帖は各社寺に用意

受印は各寺300〜500円

お問合せ:都七福神事務局 六波羅蜜寺 075-672-2100

*ゑびす神:恵美須神社 東山区大和大路四条下ル

*大黒天:松ヶ崎大黒天 左京区松ヶ崎町

*毘沙門天:東寺 南区九条町

*弁財天:六波羅蜜寺 東山区松原大和大路東入

*福禄寿:赤山禅院 左京区修学院関根坊町

*寿老人:行願寺 革堂 中京区寺町竹屋町上ル

*布袋尊:黄檗山萬福寺 宇治市五ヵ庄三番割

 

京都十二薬師霊場会 〜1月31日

納経帖1200円 各寺朱印300円

問合せ:075-351-7725

一番:因幡薬師(平等寺 烏丸高辻

二番:金剛薬師(東寺 大宮九条 要拝観料

三番:水薬師(水薬師寺 御前西塩小路

四番:歯薬師(壬生寺 仏光寺坊城 要拝観料

五番:日限薬師(地福寺 七本松下立売

六番:峰薬師(福勝寺 出水千本西

七番:東山薬師(雙林寺 円山公園

八番:鍬形薬師(大超寺 岩倉花園

九番:不来乎薬師(薬師院 釜座二条上

十番:菩提薬師(大福寺 麩屋町二条上

十一番:寅薬師(西光寺 新京極蛸薬師上

十二番:蛸薬師(永福寺 新京極蛸薬師

五、八、十は事前予約必要

 

伏見五福めぐり 〜1月15日

色紙1000円、各寺朱印料300円

問合せ:御香宮内洛南保勝会 075-611-0559

*長健寺:京阪電車(中書島

*藤森神社:JR奈良線(藤森

*大黒寺:京阪電車(丹波橋

*乃木神社:JR奈良線(桃山

*御香宮神社:近鉄(桃山御陵前

 

初六阿弥陀めぐり 1月15日

問合せ:真如堂 075-771-0915

*1番 真如堂:市バス5「真如堂前又は錦林車庫前」
*2番 永観堂:市バス5「南禅寺・永観堂道」
*3番 清水寺阿弥陀堂:市バス206「清水道」
*4番 安祥院:市バス206「五条坂」
*5番 安養寺:市バス5・205「四条河原町」
*6番 誓願寺:市バス5・205「河原町三条」

 

京都十六社朱印めぐり 〜2月15日

専用朱印帳有り 各社朱印300円

問合せ:市比賣神社075-361-2775  岡崎神社075-771-1963

*今宮神社(健康長寿・良縁開運):市バス206「船岡山」

*わら天神宮(安産・厄除・子授け):市バス205「わら天神前」
*御霊神社(こころしずめ・厄除・学業成就):地下鉄烏丸線「鞍馬口」
*市比賣神社(女人厄除):市バス205・17「河原町五条」
*熊野神社(縁結び・安産・病気平癒):市バス206「熊野神社前」
*岡崎神社(子授け・安産・縁結び・厄除):市バス5「東天王町」
*若王子神社(学業成就・商売繁昌):市バス5「南禅寺・永観堂道」
*豊国神社(出世開運・厄除招福・良縁成就・商売繁盛)市バス206「博物館前」
*粟田神社(旅立ち守護・厄除):市バス5「神宮道」
*新熊野神社(健康長寿・病魔退散・お腹守護):市バス208「今熊野」
*六孫王神社(出世開運・家運隆昌):市バス16「六孫王神社前」
*吉祥院天満宮(智慧と能力開発・受験合格・):市バス42「吉祥院天満宮前」
*藤森神社(勝運と馬の神):JR奈良線「JR藤森」
*御香宮神社(安産・厄除・病気平癒):近鉄京都線「桃山御陵前」
*春日神社(厄除・病気平癒・交通旅行安全):市バス205「西大路四条」
*長岡天満宮(合格祈願・厄除開運):阪急京都線「長岡天神」

 

冬の非公開文化財特別公開 〜3月18日 一カ所600円

一部休止日等有り 問合せ:市観光協会075-213-1717

金戒光明寺:会津藩主謁見の間、若冲図画、紫雲の庭、菩薩観音像 1/11は12:00~

金戒光明寺 西翁院:淀看席茶室 江戸初期枯山水庭園 1/14 15休止

聖護院:狩野派障壁画、初公開弁財天像等 1/16公開開始 他休止日有り

知恩院:方丈と障壁画、方丈庭園 1/10~19 2/17休止

建仁寺 久昌院:長篠合戦図襖絵、本堂前庭、遠州別好ノ席茶席

西福寺:壇林皇后九相図、地獄絵図、洛中洛外図屏風等 2/3 28休止

高台寺:霊屋、高台寺蒔絵、臥龍廊、展望台 既に公開中

妙法院:七卿落図、庫裡、狩野派障壁画、宝物庫等 1/16開始 2/25 3/3休止 

壬生寺:最古の地蔵像 鑑真お身代わり像、壬生狂言衣装等 1/30~2/5休止

島原 角屋:臥龍松の庭、松の間、網代の間等一階部分 ~3/15 3/16~通常公開

妙心寺:大庫裡、経蔵、回転式輪蔵

妙心寺 大雄院:72面襖絵、書院、庭園、寺宝、蛍繭紙等 1/22は13:00~

妙心寺 養徳院: 庭園、白黒鷹の図、鉄鉢等 1/15 2/18は13:00~

東寺:五重塔初層内部、金堂、講堂等

 

舞妓さんの舞踊 みやこめっせB1 無料 075-762-2670

各会約15分 14:00~ 14:30~ 15:00~

1月15日 2月12日 2月18日 3月5日 3月19日 3月26日

簪、着物、帯、京扇子は京の逸品。

 

芸妓さんの舞踊 みやこめっせB1 無料 075-762-2670

各会約15分 14:00~ 14:30~ 15:00~

1月29日 2月26日 3月12日 3月18日 3月20日

舞踊、三味線とトークが魅力。

衣装も京ならではの逸品ぞろいです。


『長期』 入場出来ない日もあるのでお問合せ下さい

〜2月28日 京友禅等実演 西陣織会館二階無料 075-451-9231

〜2月28日 雪の日限定ライトアップ(バス運行 貴船神社 075-741-2016

〜3月9日 保津川下りお座敷暖房船 運休日有 0771-22-5846

1月13日〜3月5日金土日 高台寺夜咄 17:00~ 6000円 観光協会075-213-1717

1月15日〜31日 小豆粥で初春を祝う会 妙心寺東林院 3800円 075-463-1334

2月1日〜26日 釈迦大涅槃図初公開 轉法輪寺 400円 075-464-2668


『短期』       

〜1月10日 祇園のえべっさん 八坂神社北向蛭子社 075-561-6155

〜1月12日 十日ゑびす大祭 恵美須神社 9 10日夜通し 075-525-0005

〜1月14日 寒中托鉢修業 聖護院 075- 771-1880

〜1月16日 御正忌報恩講 西本願寺 075-371-5181

1月10日 初金比羅祭 安井金毘羅宮 10:00~ 075-561-5127

1月12日 奉射祭 伏見稲荷大社 14:00~ 075-641-7331

1月14日 裸踊り 法界寺 19:00~ 075-571-0024

1月15日 御粥神事 下鴨神社 10:00~ 300円 075-781-0010

1月15日 初えと祭 下鴨神社 13:00~ 075-781-0010

1月15日 左義長とんど祭 平岡八幡宮 8~13:00 075-871-2084

1月15日 楊枝お加持と弓引き初め 三十三間堂 無料開放 075-561-0467

1月16日 武射神事 上賀茂神社 11:00頃 075-781-0011

1月20日 湯立神楽 城南宮 14:00~ 075-623-0846

1月21日 初弘法 東寺 1200の露店 075-691-3325

1月22日 ゾウ温泉 市動物園 600円 11~11:30雨天中止 075-771-0210

1月24日〜29日 京友禅 技と体験 みやこめっせB1 無料 075-255-4496

1月25日 初天神 北野天満宮 1000余りの露店 075-461-0005

1月27日〜29日 550年記念西陣織展 西陣会館 無料 075-432-6131

1月27日〜2月1日 青窯会作陶展 京都陶磁器会館 無料 075-541-1102

1月28日 初不動 狸谷山不動院 癌封じ笹酒無料 ~15:00  075-722-0025

1月28日 冬の京野菜まつり 市役所前広場 無料 11~15:00  075-222-3352

1月31日〜2月5日 京友禅 技と体験 みやこめっせB1 無料 075-255-4496

2月2日〜4日 各寺社 節分祭、節分会

2月3日〜12日 冬の光宴 梅小路公園 ライトアップ 17:30~2100 075-280-8803

2月7日〜10日 京友禅 技と体験 みやこめっせB1 無料 075-255-4496

2月8日 針供養 虚空蔵法輪寺 13:00~ 075-862-0013

2月8日 大祭 世継地蔵上徳寺 護摩供14:00~ 粕汁等無料接待 075-351-4360

2月10日 初午大根焚き 三千院 700円 9~16:00 075-744-2531

2月10日 小野あや 作陶展 京都陶磁器会館 無料 075-541-1102

2月11日 七草粥の日 城南宮 一膳500円 神苑600円 075-623-0846

2月12日 初午大祭 伏見稲荷大社 8:00~ 075-641-7331

2月12日 はじめまして能楽 先斗町歌舞練場 13:30~ 申込1/15迄 075-661-3755

2月17日〜3月1日 陳韋竹「夢獣」展 京都陶磁器会館 無料 075-541-1102

2月18日 燃灯祭 上賀茂神社 14:00~ 075-781-0011

2月19日 ゾウ温泉 市動物園 600円 11~11:30雨天中止 075-771-0210

2月23日 五大力尊法要 積善院準堤堂 粕汁無料接待9:30~ 075-761-0541

2月23日 五大力尊仁王会 醍醐寺 餅上げ奉納12:00~ 075-571-0002

3月10日〜12日 京漆器展 みやこめっせB1 無料 075-761-3460

3月15日 京友禅競技大会 みやこめっせ 無料 075-351-8916

3月20日 きものファンと作り手交流会 ANAクラウンホテル 5000円 要予約


京のピンポイントパワースポットこちら

京のご利益
京の神社、仏閣のありがたーいご利益や、変わったご利益はこちら 

京の話題:頭髪パワースポット
御髪神社(みかみじんじゃ):日本唯一の頭髪のゆかりの神社
 日本最初の髪結職:藤原釆女亮政之を祭神、理髪職のお詣りが絶えない。
 頭髪ネタの漫才師の絵馬も。正に髪頼み。
 「トロッコ嵐山」駅北側小倉池近くにあります。 075-882-9771
金戒光明寺:「アフロ大仏」五劫思惟阿弥陀仏(石仏) 
 育毛を願う人の参拝が増加、探すのは墓地が目印
 平安神宮より北東徒歩20分程度。 075-771-2204
安井金毘羅宮:境内北部にある櫛塚 毎年9月第4月曜日「櫛まつり」
 健康な髪の毛を祈願。
 八坂神社より南南西徒歩10分 075-561-5127

八坂神社の美人水
明治以前は「祇園社」と呼ばれた八坂神社は全国に三千の分社がある宗家とも言うべき古い神社です。
その境内に「美御前社」という摂社があります。
祭神は「多岐理崑売命」たぎりびめのみこと 「多岐津比命」たぎつひめのみこと 「市杵島比売命」いちきしまひめのみこと の宗像三女神。
天照大神が建速須佐之男命の十拳の剣を三段に打ち破り、天之真名井に降り注いだ時に生まれたのがこの宗像三女神。
美人と誉れ高い三女神ですが、この中でも市杵島比売命が特に際立って美しく、美貌を護る神として信仰されてきました。
神仏習合の時代では弁財天や吉祥天と同じ神様として崇められていました。
この「美御前社」の前に神水が湧き出て居り、この水数滴を肌に付けると美人になれるというのです。
美人の方もそうでない方もご利益がありそうですよ。
因みに前記の天之真名井は工房に割と近い女人守護の市比賣神社に現存しています。
京の七名水の一つとされ皇室から御子が誕生すると産湯に使われたといいます。

京都市観光協会へのお問合せ電話:075-752-0227

京都の名所・寺社のホームページこちら

京の七福神めぐりこちら

京を守護する四神
東の蒼龍:八坂神社・維新まで祗園社と称され、和歌の神様として崇められている
西の白虎:松尾大社・神泉「亀の井」は酒の元水に使われると言う酒造の神様
南の朱雀:城南宮・王朝文化を残す行事が多く、方除の神様として崇められている
北の玄武:賀茂別雷神社かもわけいかづちじんじゃ(上賀茂神社)・源氏物語にも語られる「葵祭」
別格:平安神宮・平安京を定めた桓武天皇を祭神、大内裏を復元して創建された
この五社を巡って京の霊気をお授かり下さい。

門前名物あれこれ
鞍馬寺:山椒餅(杉々さんさん堂)075-741-2155
上賀茂神社:葵餅(神馬堂)妬きもち封じ  075-781-1377
下鴨神社:豆餅(出町ふたば) 075-231-1658
上御霊神社:唐板(水田玉雲堂) 075-414-2081
北野天満宮:長五郎餅(長五郎餅本舗)秀吉命名  075-461-1074
今宮神社:あぶり餅(かざりや) 075-491-9402
知恩寺:阿闍梨餅(満月) 075-791-4121
仏光寺:赤飯饅頭(音羽屋) 075-351-5454
壬生寺;金つば(幸福堂) 075-841-1940
三十三間堂:鰻雑炊うぞうすい(わらじや) 075-561-1290
西本願寺:松風(亀屋陸奥)本願寺の兵糧  075-371-1447
東寺:どら焼き(笹屋伊織)毎月20,21,22日のみ発売  075-371-3333
城南宮:おせきもち(おせきもち) 075-611-3078
石清水八幡宮:走井餅(やはた走井餅老舗)0120-76-0154
長岡天満宮:天神とおりゃんせ(八條茶屋)合格餅  075-953-0488

「源氏物語」関連施設
風俗博物館:(染工房遊西へ50m)源氏物語当時の公家風俗衣装を人形で紹介
盧山寺:紫式部邸宅跡、源氏の庭
渉成園:光源氏のモデルとされる源融邸宅跡
清涼寺:源融別荘「棲霞観」跡、阿弥陀坐像は融の顔がモデル
野宮神社と嵐山:第十帖「賢木の巻」にゆかり小柴垣、黒木の鳥居
大原野神社:冷泉帝行幸の神社、紫式部も訪れている
宇治市源氏物語ミュージアム:宇治十帖の舞台 0774-28-0200
石山寺:紫式部参籠の寺 077-537-0013

京都駅ビルに関する問合せは『駅ビルインフォメーション』075-361-4401

嵯峨野トロッコ列車 075-861-7444
保津川下り 3.900円 0771-22-5846

1dayフリーチケット(市バス・地下鉄・京都バス)1,200円(観光ガイドマップ付き)
1dayフリーチケット(市バス・京都バス)500円 
問合せ075-801-2561

東京にある京都情報発信拠点「京都館」
中央区八重洲2-1-1 ヤンマー東京ビル一階(東京駅八重洲口正面)
03-5204-2260(代表) 03-5204-2265(情報コーナー)
URL:http://www.kyotokan.jp/

伏見面白スポット
*京セラ美術館、ファインセラミック館 無料 市バスパルスプラザ前 075-604-3500
*河童資料館(黄桜酒造) 無料 市バス京橋 075-611-9919
*月桂冠大倉記念館 300円 市バス中書島 075-623-2056

面白お宿
[一泊朝食付き]
其中庵(きちゅうあん)円山公園内、一日二組限定 ¥8400〜 朝食◎ 075-533-0210
お宿 吉水 円山公園奥、セルフ¥7350〜 朝食パン 075-551-3995
さろんはらぐち天青庵 円山公園奥 ¥8800〜 朝食おばんざい 075-551-9339
田舎亭 石塀小路、¥8925〜 075-561-3059 
[素泊まり]
憩の家-京町家の別棟、お茶、着物体験、ネットなど
京町家旅館さくら-新築の町家旅館
和楽庵-京町家の安宿
小世界旅社-路地の小さな京町家安宿
エイコンハウス-女性専用ゲストハウス安宿
上野屋-暮らす様に泊まる京町家

お寺で泊まる
西本願寺聞法会館:一般ホテル並の施設食事付きでも割安:075-342-1122
知恩院 和順会館
宿坊研究会

京を体験する
坐禅会 相国寺(毎月第二第四日曜日午前九時〜十一時)要志納金 075-231-0301
早朝座禅 南禅寺南禅院 6:00~7:00 無料 075-771-0365 他に写経会など
お守りづくり(修学旅行生) 粟嶋堂宗徳寺 一人500円 075-371-2332
香道体験(日・祝以外)薫玉堂 抹茶お菓子付き2,000円
フリー0120-71-0162 075-371-0162
京の体験工房一覧 2

そぞろ歩き | permalink | comments(14) | trackbacks(2)

伏見稲荷の初詣

二日朝早く伏見稲荷大社に初詣に行きました。

今年は天候も良かったので六時過ぎに起床、七時前には出発しています。

難なく駐車も出来、大社へ。

露店は8割以上がまだ閉めたまま、開店準備しているところも。

太陽がまだ上がっていないので薄暗いのですが、今年は大きなパネルが設置されていました。

実際より明るく拝殿の様子が分かります。

科学的に進化した様です。

 

迎えてくれた狐像、片方はお宝の「鍵」を銜えています。

対の狐像は宝珠を。

お詣りする事で心の鍵を開き、お宝をゲットせよとの事でしょうか。

 

時間が早かったので人は多めですが大した事はありません。

それでもお守りを購入する社殿には可成りの行列。

馴れないアルバイトさんの動きに文句がでないのは日本人の忍耐強さかも。

普段は外国人で溢れる伏見稲荷ですが、この日は一度も外国語を聞きませんでした。

混み合う事は周知されていたのかも。

 

三日の朝刊に出ていたこの日の伏見稲荷は大混雑。

早朝のお詣りに限ると再確認です。

千本鳥居もこの程度です。

開いていた数少ない露店で買ったのは鯖寿司と京都の名物漬物「すぐき」

どちらも帰ってから酒のつまみに。

 

そうそう、この日初詣の後恒例のお墓参りに行ったのですが、家内は和服、私も二十年ぶりくらいに大島の着物で。

男の着物姿は我ながら良いもの。

日本男児は着物が似合うと実感しました。

そぞろ歩き | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

初日の出を撮ろうと粘りましたが、雲が切れませんでした。

それでもまあまあなシーンが撮れたのでご紹介します。

朝焼けの色が上の雲にぼかして入りました。

 

こちらは天使の階段がちょっぴり。

皆様にとって佳い一年となります様お祈り申し上げます。

 

染工房 遊

「染工房 遊」からお知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

新春:鶏行灯と仏手柑

工房の行灯が29日大掃除の日、新年バージョンに変わりました。

この日、何故か工房前を通る外国の方が多め。

この行灯を気に入った方が沢山居られてカメラを向けていました。

新年の干支「鶏」をモチーフに瓢箪と合わせて素描で。

この行灯の何処が気に入ったのかまるで分かりませんが。

 

夜はこんな風に。

 

そしてこの日、今年も和歌山のお客様から届きました。

仏手柑です。

縁起の良いこの柑橘類は仏の手に見立てられ良縁や守護を導いてくれるそうです。

店頭に置いてお客様をお迎えします。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

| 1/148PAGES | >>